NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ブランドン・ウェブ 2006年 パワナンバー

ブランドン・ウェブ

ARI(2003-2009)

 

通算成績 199試合 87勝62敗 防御率3.27 1065奪三振 fWAR29.6

獲得タイトル:サイ・ヤング賞1回、最多勝利2回

 

2006年 33試合 16勝8敗 防御率3.10 178奪三振 fWAR6.5

 

2000年代を代表するシンカーボーラー

ロイ・ハラデイ、ティム・ハドソンらと肩を並べる2000年代を代表するシンカーボーラー。

 

「視界から消える」と恐れられたシンカーの威力は絶大で、通算でのGB%は64.3と圧倒的な数字を叩き出している。

 

全盛期は2005年から2008年までの4年間。

 

2006年にはリーグ最多の16勝をマークし、オフにはサイ・ヤング賞のタイトルを獲得。

 

さらに、2008年は開幕から9先発9連勝とロケットスタートを決め、リーグ最多の22勝。サイ・ヤング賞争いでも2位にノミネートする大活躍を見せた。

 

ところが、ウェブの肩は限界を迎えていたようで、2009年の開幕戦で肩の痛みを訴えると以後1球もメジャーで投じることなく、2013年に引退を表明した。

 

球種はカーブ、シンカー、Hシンカー。

ウェブの決め球であるシンカーはオリ変のHシンカーで再現。

チェンジアップはシンカー方向に曲がっていたので、シンカーで代用。

 

f:id:tigpawapro:20240223212038j:image
f:id:tigpawapro:20240223212034j:image
f:id:tigpawapro:20240223212041j:image

 

査定に関して

打球反応◯

ピッチャーゴロやライナーを捌くのがめちゃくちゃ上手い!

 

Nishiのこぼれ話

ウェブが1回目の最多勝のタイトルを獲得した2006年はナ・リーグで

・デレク・ロウ

・ブラッド・ペニー

・ジョン・スモルツ

・アーロン・ハラング

・カルロス・ザンブラーノ

とウェブ以外にも5人が16勝タイに並ぶ異例のシーズン。

 

関連選手:2006年に最多勝のタイトルを分け合った投手たち(年度違う選手もいます)

ブラッド・ペニー

tigpawapro.hatenablog.com

 

カルロス・ザンブラーノ

tigpawapro.hatenablog.com

 

ジョン・スモルツ

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ