Nishiのパワプロ2022MLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

このブログの方針&作成選手一覧リンク

MLBを中心にパワプロ2018・2020で作成した選手を公開していきます。

コナミさんから無事パワプロ2022が発売されたので、現在はパワプロ2022で作成した選手を公開しております。

MLB関連やパワプロ関連の記事もアップしていくのでよろしく!

 

パワプロ2022作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

パワプロ2020作成選手一覧はこちらから

 

パワプロ2018作成選手一覧はこちらから!

 

プライバシーポリシー及びお問い合わせはこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

 

パワプロ2022クレイトン・カーショウ2014年パワナンバー

クレイトン・カーショウ

LAD(2008-)

 

通算成績 379試合 185勝84敗 防御率2.49 2670奪三振 fWAR71.0

獲得タイトル:MVP1回、サイ・ヤング賞3回、最多勝利3回、最優秀防御率5回、最多奪三振3回、ゴールドグラブ賞1回

 

2014年 27試合 21勝3敗 防御率1.77 239奪三振

 

MLB史上最高投手のひとり

殿堂入りが確実視される、2010年代を代表するサウスポー。

 

全盛期の2011〜2016年は、常時150キロの直球にキレのあるスライダーとドロンと落ちるカーブのコンビネーションで打者を蹂躙。

この間のカーショウはポストシーズンを除けば打たれるイメージが一切なかった。

 

2022年シーズンは初登板で7回パーフェクト、6月25日時点で5勝、防御率2.00と絶好調。

200勝のマイルストーンまであと10勝。このまま好調を維持できれば今シーズン中の達成もあるかも。

 

球種はHスライダー、ドロップカーブ。

チェンジアップは1試合に1球投げるかどうかだったのでオミット。

 

f:id:tigpawapro:20220625200010j:image

f:id:tigpawapro:20220625200017j:image

f:id:tigpawapro:20220625200024j:image

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

パワプロ2022 ランス・マッカラーズJr. 2021年 パワナンバー

ランス・マッカラーズJr.

HOU(2015-)

 

通算成績 122試合 45勝30敗 防御率3.57 750奪三振

獲得タイトル:特になし

 

2021年 28試合 13勝5敗 防御率3.16 185奪三振 fWAR3.3

 

スナップ・ドラゴン1

伝家の宝刀ナックルカーブを武器にするアストロズの生え抜きエース。

 

2017年のリーグ優勝決定戦でヤンキース打線相手に24球連続でカーブを投げ、しっかり押さえたことで一躍有名になった。

 

2021年にはスライダーをレパートリーに加え、大ブレイク。初の規定投球回到達、防御率はリーグ2位とアストロズのエースとして相応しい活躍を見せた。

 

欠点は怪我が多いことで、2019年にはトミージョンでシーズン全休。2022年は右手屈筋腱を痛め開幕アウト。

 

球種はツーシーム、スライダー、ナックルカーブ、チェンジアップ。

 

f:id:tigpawapro:20220616213315j:image

f:id:tigpawapro:20220616213322j:image

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

【100万アクセス記念】パワプロ2022 三橋廉 from大きく振りかぶって パワナンバー

三橋廉

西浦高校

 

コントロールマダックス越え⁉︎

ひぐちアサ氏原作の野球漫画「大きく振りかぶって」の主人公。

 

ストレートはMAX120キロ台とかなり遅いが、それを補うコントロールと4つの変化球を持っている。

 

特にコントロールはずば抜けていて、ストライクゾーンを9分割して投げることができる。

これはメジャー1の制球力を誇ったマダックスもビックリだろう。

 

漫画内では、夏の県大会ベスト16、秋大会は県大会初戦負けと振るわなかったが、パワプロに置き換えるとなかなか優秀な能力。

ペナントに入れたところ、防御率2点台前半をコンスタントに叩きだし「エース」の活躍を見せてくれた笑

 

作成にあたってアニメを再視聴。声優がめっちゃ豪華*1だったのと、1期は24話で実質2試合という丁寧な展開に驚かされた。

 

球種はストレート*2、スライダー、カーブ、ナックルカーブ、シュート。

 

f:id:tigpawapro:20220613230831j:image

f:id:tigpawapro:20220613230839j:image

f:id:tigpawapro:20220613230845j:image

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

*1:三橋役:代永さん、阿部役:中村悠一さん、田島役:下野さん、泉役:福山潤さん、マネージャー:福圓さんなど

*2:オリ変、ライジングをベース

パワプロ2022 田澤純一 2013年 パワナンバー

田澤純一

BOS(2009-2016)–MIA(2017-2018)–LAA(2018)–埼玉武蔵ヒートベアーズ(2020)–味全ドラゴンズ(2021-)

 

通算成績 388試合 21勝26敗 防御率4.12 374奪三振 4セーブ 89ホールド

獲得タイトル:特になし

 

2013年 71試合 5勝4敗 防御率3.16 72奪三振 25ホールド fWAR1.1

 

田澤ルールの生みの親

NPBを介さずにメジャーデビューを果たした初の日本人選手。

 

レッドソックス時代はセットアッパーとして大車輪の活躍。2013~2015年は8回田澤→9回上原という日本人リレーで数々のピンチをしのいできた。

 

2020年以降は、田澤ルールの影響でNPBとの契約ができず、BCリーグ、台湾とチームを転々。

 

2022年からはメキシカンリーグでプレーしており、守護神として起用されている。

 

メジャー時代にチームメイトにハイチューを布教し、ハイチューブームを巻き起こしたりと、彼のメジャー挑戦が与えた影響は計り知れない。

 

球種はスライダー、ドロップカーブ、SFF

 

f:id:tigpawapro:20220611170103j:image

f:id:tigpawapro:20220611170110j:image

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

【100万アクセス達成のお知らせ】

タイトルの通り、ついに100万アクセスを達成しました!

 

f:id:tigpawapro:20220611151122j:image

 

100万ジャストのスクショをとるために、仕事中ちょこちょこスマホをチェックしていましたが、気づいたときには2オーバー笑

 

ここまで来れたのは読者の皆様のおかげです。ありがとう!(≧▽≦)

 

これからもメジャーリーガ―をガンガン査定していくので、ゆるりと寄ってもらえると嬉しいです。

パワプロ2022 ケーテル・マルテ 2019年 パワナンバー

ケーテル・マルテ

SEA(2015-2016)-ARI(2017-)

 

通算成績 681試合 .287 715安打 70本塁打 286打点 41盗塁

獲得タイトル:特になし

 

2019年 144試合 .329 187安打 32本塁打 92打点 10盗塁 fWAR7.1

 

トレードデッドラインの目玉候補

2018年までは二桁本塁打がやっとの守備型のセカンドだったが、2019年にフライボールレボリューションを取り入れて32本塁打と強打者に変身。

 

fWAR7.1とMVP級の活躍で、このまま球界を代表するスイッチヒッターに登り詰めるかと思いきや、2020年以降は一気にパワーダウン。

 

ここ2年はダイヤモンドバックスが再建に入ったこともあり、事あるごとにトレード候補として名前が上がっている。

今シーズンもトレードの目玉としてシーズンを迎えたが、6月時点では打率2割ちょっととイマイチな成績。

 

f:id:tigpawapro:20220609204512j:image

f:id:tigpawapro:20220609204520j:image

f:id:tigpawapro:20220609204527j:image

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2022 カルロス・ベルトラン 2006年 パワナンバー

カルロス・ベルトラン

KC(1998-2004)-HOU(2004)-NYM(2005-2011)-SF(2011)-STL(2012-2013)-NYY(2014-2016)-TEX(2016)-HOU(2017)

 

通算成績 2586試合 .279 2725安打 435本塁打 1587打点 312盗塁 fWAR67.8

獲得タイトル:新人王、シルバースラッガー賞2回、ゴールドグラブ賞3回、ロベルト・クレメンテ賞1回

 

2006年 140試合 .275 140安打 41本塁打 116打点 18盗塁 fWAR7.8

 

真の5ツールプレイヤー

メジャーでも数少ない真の5ツールプレイヤー。

全盛期は選球眼も兼ね備え、野手の到達点である「6ツールプレイヤー」に限りなく近い存在であった。

 

その実力はメディアからも評価され、スポーツ・イラストレイテッド紙の2000年代10年間の "All-Decade team" 中堅手部門に選出されている。

 

引退後、「アストロズサイン盗み事件」の首謀者であったことが発覚。メッツの監督をシーズン前に解雇と、やや晩節は汚したがその実力はホンモノなだけに将来の殿堂入りは確実視されている。

 

実はパワプロ2018から継続して筆者が査定している数少ない?選手だったりする。

 

f:id:tigpawapro:20220606225442j:image

f:id:tigpawapro:20220606225449j:image

f:id:tigpawapro:20220606225511j:image

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ