NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 アレクセイ・ラミレス 2008年 パワナンバー

アレクセイ・ラミレス

CWS(2008-2015)-SD(2016)-TB(2016)

 

通算成績 1371試合 .270 1387安打 115本塁打 590打点 143盗塁 fWAR17.9

獲得タイトル:シルバースラッガー賞1回

 

2008年 136試合 .290 139安打 21本塁打 77打点 13盗塁 fWAR1.0

 

キューバン・ミサイル

キャノンアームとスピードが武器のキューバ🇨🇺からやって来たショートストッパー。

 

キューバの国内リーグでは本塁打王のタイトルを獲得するなど、本来はパワーもアピールポイント。

ルーキーイヤーの2008年には21本塁打を放ち、年間30発を狙える内野手になるかと期待されたが、本塁打数はルーキーイヤーがピーク。

 

2008年はオーランド・カブレラがショートに君臨していたため、慣れないセンターやセカンドでの起用がメイン。

セカンドの守備指標こそDRSマイナス6、UZRマイナス6.6とイマイチだったが、時折見せるファインプレーとキャノンアームが評価され、2009年以降はショートのレギュラーとしてプレー。

 

当時はまだUZRやDRSの概念が記者に浸透しておらず、守備タイトルには縁がなかったが、2010年にはDRSプラス20とハイレベルな数字を叩き出している。

 

ホワイトソックスはアレクセイ・ラミレスの成功で、キューバリーグ出身の亡命選手を積極的に獲得するようになり、ホセ・アブレイユやルイス・ロベルトJr.などチームの柱となる選手が次々と誕生している。

 

f:id:tigpawapro:20240422195238j:image
f:id:tigpawapro:20240422195249j:image
f:id:tigpawapro:20240422195256j:image
f:id:tigpawapro:20240422195301j:image

 

査定に関して

チャンスB

得点圏打率は.380、OPSも1.009とチャンスにはめっぽう強い。

 

悪球打ち

典型的なフリースインガーで、どんなボールでも当てにいくスタイルが持ち味。三振は61と非常に少ない一方で、選んだフォアボールもわずか18。出塁率も.317とイマイチな数字にとどまっている。

 

Nishiのひとりごと

f:id:tigpawapro:20240422200332j:image

こだわりポイントはパワターを「やせ」に設定しているところ。

アレクセイ・ラミレスは身長188センチに対し、体重81キロとメジャーリーガーにしてはスラッとしており、ユニフォームもダボついていた。

 

関連選手:ホワイトソックスでプレーしたキューバ出身選手

ホセ・アブレイユ

tigpawapro.hatenablog.com

 

ヨアン・モンカダ

tigpawapro.hatenablog.com

 

ルイス・ロベルトJr.

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ