Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 ペドロ・マルティネス 2000年 パワナンバー

ペドロ・マルティネス

LAD(1992-1993)–MON(1994-1997)–BOS(1998-2004)–NYM(2005-2008)–PHI(2009)

 

通算成績 476試合 219勝100敗 防御率2.93 3154奪三振

獲得タイトル:サイ・ヤング賞3回、最多勝利1回、最優秀防御率5回、最多奪三振3回

 

2000年 29試合 18勝6敗 防御率1.74 284奪三振

 

人類最強の投手

2000年のア・リーグ平均防御率は4.91と超打強環境。そんな中防御率1.74、史上1位のERA +291、同じく1位のWHIP0.74と圧倒的成績を叩きだし事実上のMLB歴代No.1投手となったレジェンド。この脅威的とも言えるWHIPの背景には史上1位の被打率.167、与四球率1.33とまたもや圧倒的な数字が潜んでおり、バッターとしては手も足も出ないレベルだったことが容易に想像できる。当然の如く満票でサイ・ヤング賞も獲得した。MVP投票では惜しくもジアンビに敗れたもののWARではジアンビを圧倒しており、セイバーメトリクスが普及している今日では余裕でMVPも掻っ攫っていただろう。(ジアンビのWARは7.7、ペドロのWARはリーグ1位の11.7)

2015年にはランディ・ジョンソンジョン・スモルツクレイグ・ビジオと共に殿堂入りを果たしている。近年は解説者としても活躍しており、解説スタイルは「ヘッド・ハンター」と謳われた現役時代とは打って変わって理論派で非常に分かり易い。尚、大谷の故障リスクに関してもいち早く警鐘を鳴らしており、スプリッター多投で肘を痛めるリスクを懸念しており、その懸念はすぐさま現実のものとなった。YouTubeでも大谷の投球に関して解説している動画が上がっているのでそちらも参照してほしい。

 

球種はツーシームカットボール、パワーカーブ、サークルチェンジ(シンカーにそっくりな軌道だったので、シンカーの球速を2段階上げ名前を変更しています)

 

f:id:tigpawapro:20210226195624j:image

 

パワナンバー 12300 01404 05061

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ