NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ドリュー・バーヘイゲン 2023年 パワナンバー

ドリュー・バーヘイゲン

DET(2014-2019)-日本ハム(2020-2021)-STL(2022-2023)-日本ハム(2024-)

 

通算成績 206試合 18勝12敗 防御率4.98 234奪三振 30ホールド fWARマイナス0.5

獲得タイトル:特になし

 

2023年 60試合 5勝1敗 防御率3.98 60奪三振 14ホールド fWARマイナス0.2

 

日本ハムに電撃復帰

日本ハムに電撃復帰することが決まったバリバリのメジャーリーガー。

 

第一次日本ハム時代には先発ローテーションの一角として防御率3.51とまずまずのピッチング。

2021年オフにカーディナルスと2年550万ドルの契約を結びメジャー復帰を果たした。

 

カーディナルス時代は1年目こそ防御率6.65と不振に苦しんだが、2023年は新球種スイーパーが冴え渡り、60試合で防御率3点台とプチブレイク。

 

同年オフに再びFAとなったところ、日本ハムが1年3億5千万円の大型オファーを出し、3シーズンぶりの復帰が決まった。

 

新庄監督はリリーフではなく先発としての起用をする予定で、メジャーで得た経験をどう還元してくれるのか楽しみだ。

 

球種はカットボール、スラーブ、SFF。

スイーパーはスラーブで、スプリットチェンジはSFFで代用。

 

f:id:tigpawapro:20240115220540j:image

f:id:tigpawapro:20240115220641j:image

f:id:tigpawapro:20240115220648j:image

 

査定に関して

球種構成

日本ハム時代のバーヘイゲンはHスライダー、パワーカーブ、シンキングツーシームという構成だったが、メジャーの2年間で新たに3球種を習得したことで球種構成がだいぶ変わった。

カットボールは被打率.478と全く機能しなかったが、スイーパーは被打率.128、Run Valueプラス9と絶対的な決め球に。高速チェンジアップも投球割合は10%と高くはないが、被打率.125と効果的に決まっていた。

 

ナチュラルシュート

バーヘイゲンはフォーシームとツーシームを投げ分けており、本来であれば4球種にしたいところだが、成績を考えると3球種が限界。

色々と悩んだ末に妥協策としてナチュラルシュートを搭載。

 

クイックG&対ランナー

日本ハム時代と変わらずクイックは大の苦手。

ランナーが気になるせいか、1塁にランナーを背負った場面では被打率.533とボコボコに打たれている。

 

Nishiのひとりごと

バーヘイゲンを筆頭に2024年は日本ハム経由でメジャー復帰を果たしたピッチャーが大ブレイク。

今後は将来的なメジャー契約を狙って日本ハムでプレーすることを選ぶ4Aクラスのピッチャーが増えそうだ。

 

予想成績:防御率3.50 150イニング

 

関連選手:2024日本ハム新外国人

パトリック・マーフィー

tigpawapro.hatenablog.com

 

フランミル・レイエス

tigpawapro.hatenablog.com

 

アンドリュー・スティーブンソン

tigpawapro.hatenablog.com

 

おまけ

バーヘイゲン、マーフィー、スティーブンソン、レイエスを入れてオーペナを回してみました。

 

結果は…

f:id:tigpawapro:20240115220703j:image

3位と大奮闘(なお、勝率は4割台)

 

バーヘイゲンは防御率3.28と狙い通りの成績

f:id:tigpawapro:20240115220753j:image

 

マーフィーは防御率はイマイチだが、リリーバーとしてフル回転

f:id:tigpawapro:20240115220841j:image

 

レイエスは低打率も30本塁打とパワーを発揮

f:id:tigpawapro:20240115220927j:image

 

スティーブンソンは…

f:id:tigpawapro:20240115220943j:image

枠の関係で1軍に上がれなかったようだ。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ