NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 マイケル・ワカ 2023年 パワナンバー

マイケル・ワカ

STL(2013-2019)-NYM(2020)-TB(2021)-BOS(2022)-SD(2023)

 

通算成績 249試合 88勝54敗 防御率3.96 1145奪三振 2ホールド fWAR16.1

獲得タイトル:特になし

 

2033年 24試合 14勝4敗 防御率3.22 124奪三振 fWAR2.6

 

完全復活

完全復活を遂げた元カーディナルスのエース候補。

 

2013年にメジャーデビューを果たすと防御率2.78、ポストシーズンでは負けなしの3勝と大ブレイク。

 

2015年には17勝をマークし、将来のカーディナルスのエースはマイケル・ワカだと誰もが思っていたが、翌年から大失速。

 

そこからチームを転々としながらメジャーには残り続けたものの、精細を欠き、2021年には防御率5.05と先発ローテーション5番手クラスの役割すらこなせず。

 

もうダメかと思われた2022年は、チェンジアップを主体にする軟投派にモデルチェンジしたことで6シーズンぶりの二桁勝利、防御率も3.22と大復活。

 

続く、2024年は故障で先発ローテーションを外れることもあったが、スネルに並ぶチームトップの14勝をマーク。

オフには珍しく本気モードになったロイヤルズと2年3200万ドルの契約をゲットした。

 

球種はカットボール、スローカーブ、チェンジアップ。

 

f:id:tigpawapro:20240121172732j:image

f:id:tigpawapro:20240121172740j:image

f:id:tigpawapro:20240121172745j:image

 

査定に関して

ノビB

速球のスピードこそは全盛期より4キロほど下がったが、被打率は.188、Run Valueはプラス12と威力は健在。

 

緩急

ワカのチェンジアップは平均130キロと流行りのスプリット型ではなく、球速差で引っかけるタイプ。

ノビのある速球とのコンビネーションもあってかRun Valueはプラス12と上々だった。

 

Nishiのこぼれ話

ここ数年ア・リーグ中地区で最下位に沈んでいたロイヤルズですが、2024年は珍しく強気の補強を連発。

 

スモールマーケットということで目玉には手を出さなかったものの、ワカに加えてセス・ルーゴ、ハンター・レンフロー、ウィル・スミスと中堅どころを次々と獲得している。

 

関連選手:2023年オフのロイヤルズ大補強

優勝請負人ウィル・スミス

tigpawapro.hatenablog.com

 

トラウトのそっくりさんことハンター・レンフロー

tigpawapro.hatenablog.com

 

高回転カーブが武器 セス・ルーゴ

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ