NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 徐在応(ソ・ジェウン) 2003年 パワナンバー

徐在應

NYM(2002-2005)-LAD(2006)-TB(2006-2097)-起亜タイガース(2008-2015)

 

通算成績 118試合 28勝40敗 防御率4.60 340奪三振 1ホールド fWAR5.2

獲得タイトル:特になし

 

2003年 32試合 9勝12敗 防御率3.82 110奪三振 fWAR3.2

 

WBCでは大暴れ

2003年に韓国出身選手としては史上2人目となる規定投球回*1を達成した技巧派右腕。

 

朴賛浩と同じくKBOを経由せずマイナーからメジャーに挑戦。アマチュア時代は150キロを超える速球が武器の本格派だったが、メッツ傘下時代にトミー・ジョン手術を受け、チェンジアップを軸に躱すピッチングを心がける技巧派に転身。

 

メジャー2年目となる2003年は12敗と勝ち星には恵まれなかったが、ステロイド全盛時代にも関わらず防御率は3点台と好投。

 

ちなみに当時のメッツはエクスポス*2と最下位争いを繰り広げた弱小チーム。2003年はチーム最多本塁打がフロイドの18本と打線の援護が全く期待できない状況で、チームが違えば勝ち負けの数字が逆転していた可能性は高かった。

 

第1回WBCでは韓国代表のエースとして出場。日韓戦ではマウンドに韓国国旗を突き刺し、イチローを含めた多く日本人選手ならびにファンに激怒された。

 

2008年以降は母国韓国でプレー。2012年には防御率2.59を記録するなどメジャーリーガーとしての意地を見せた。

 

球種はスライダー、ドロップカーブ、チェンジアップ。

YouTubeでハイライトを見まくったが、チェンジアップの落差はなかなかのもの。

 

f:id:tigpawapro:20240212180925j:image

f:id:tigpawapro:20240212180934j:image

f:id:tigpawapro:20240212180941j:image

 

査定に関して

負け運

徐在応はMLB、KBOのべ14年のキャリアを通じて二桁勝利はゼロ回。

たぶんそういう運命。

 

Nishiのひとりごと

作成前は「マウンドに韓国国旗を立てた人ね〜」程度の認識でしたが、思った以上にMLBで実績を残していて驚きました。

 

関連選手:先発として活躍した韓国出身選手

朴賛浩

tigpawapro.hatenablog.com

 

柳賢振

tigpawapro.hatenablog.com

 

金廣鉉

tigpawapro.hatenablog.com

*1:ちなみに2024年現在で規定投球回に達したのは朴賛浩、徐在応、柳賢振の3人だけ

*2:今のワシントン・ナショナルズ

プライバシーポリシー お問い合わせ