NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ケリー・ウッド 2003年 パワナンバー

ケリー・ウッド

CHC(1998,2000-2008)-CLE(2009-2010)-NYY(2010)-CHC(2011-2012)

 

通算成績 446試合 86勝75敗 防御率3.67 1582奪三振 63セーブ 39ホールド fWAR23.9

獲得タイトル:最多奪三振1回、新人王

 

2003年 32試合 14勝11敗 防御率3.20 266奪三振 fWAR4.2

 

ガラスのエース

ネクスト・ノーラン・ライアンの異名の通り、高い三振奪取能力を誇る本格派右腕。

 

ルーキーイヤーからそのポテンシャルは存分に発揮され、5月6日のアストロズ戦ではMLB記録となる1試合20奪三振をマーク。

シーズン通算でも奪三振率12.58と驚異的な数字を叩き出し、新人王にも輝いた。

 

怪我が非常に多いのが欠点で、通算成績はあまり伸びなかったが、球界に与えたインパクトは大きかった。

 

球種はスラーブ、カーブ、チェンジアップ。

 

f:id:tigpawapro:20230820170121j:image
f:id:tigpawapro:20230820170133j:image
f:id:tigpawapro:20230820170139j:image

 

査定に関して

抑え適正なし

2007年以降はリリーフに転向。2008年には34セーブを記録するなどクローザーとしても活躍していたが、今回は先発時代の2003年査定のため適正なし。

 

ドクターK

ケリーの高い三振奪取能力を再現するにはドクターKがピッタリ。

キャリア通算でも10.31、今回査定した2003年も11.34とズバ抜けた数字を残している。

プライバシーポリシー お問い合わせ