NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ジェフ・サマージャ 2014年 パワナンバー

ジェフ・サマージャ

CHC(2008-2014)-OAK(2014)-CWS(2015)-SF(2016-2020)

 

通算成績 364試合 80勝106敗 防御率4.15 1449奪三振 1セーブ 17ホールド fWAR19.7

獲得タイトル:特になし

 

2014年 33試合 7勝13敗 防御率2.99 204奪三振 fWAR4.4

 

シャーク

投げるボールは一級品だが、なぜだか成績に伴わない不思議な投手。

 

イニングイーターとしてはピカイチで2012年に先発に転向して以来、6シーズン連続で規定イニングに到達。

2014年から2017年にかけての4シーズンはいずれも200イニングを突破している。

 

キャリアハイは2014年。

同シーズンは両リーグトップクラスとなる平均球速94.3マイルの速球とスプリットのコンビネーションが冴え渡り、防御率2.99という好成績でシーズンを終えている。

 

2020年以降はどのチームにも属しておらず、実質的な引退となっている。

 

球種はツーシーム、スライダー、カットボール、SFF。

 

f:id:tigpawapro:20230926194833j:image

f:id:tigpawapro:20230926194841j:image

 

Nishiのひとりごと

毎年球速のインフレが進むMLB。

今回の査定年度である2014年は平均94マイル*1を超える先発ピッチャー*2は各球団1人いるかといったレベル。

 

今や、先発で平均94マイル超えるのは当たり前で、100マイル近いピッチャーがゴロゴロいることを考えるとトレーニングの進歩は著しいですね。

 

*1:平均151キロ

*2:規定到達に限定

プライバシーポリシー お問い合わせ