NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 マーク・ライターJr. 2023年 パワナンバー

マーク・ライターJr.

PHI(2017-2018)-TOR(2018)-CHC(2022-)

 

通算成績 151試合 6勝17敗 防御率4.57 256奪三振 7セーブ 33ホールド fWAR0.6

獲得タイトル:特になし

 

2023年 69試合 1勝3敗 防御率3.50 77奪三振 4セーブ 28ホールド fWAR0.6

 

ライター家出身のリリーバー

父はMLB通算65勝を挙げたマーク・ライター、叔父はメッツのエースとして通算162勝を挙げたアル・ライターと名門の野球ファミリーで知られるライター家出身のリリーバー。

 

2023年は鋭く落ちるスプリットを武器にセットアッパーとして69登板、28ホールドとフル回転。

2024年も8回の男として、大車輪の活躍が期待される。

 

ちなみに、メジャーに定着したのは31歳からという遅咲きで、一時はKBOや NPBでプレーすることも視野に入れていたとか。

 

球種はカットボール、スローカーブ、SFF。

スプリットは被打率.134を誇る絶対的な決め球だ。

 

f:id:tigpawapro:20240120121143j:image

f:id:tigpawapro:20240120121150j:image

f:id:tigpawapro:20240120121157j:image

 

Nishiのこぼれ話

アル・ライターの息子であるジャック・ライターはレンジャーズのプロスペクトのひとり。

2023年は2Aで防御率5点台と振るわなかったが2024年は成績次第でメジャーデビューも十分あり得る逸材だ。

プライバシーポリシー お問い合わせ