NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 アンドリュー・ミラー 2016年 パワナンバー

アンドリュー・ミラー

DET(2006-2007)-FLA(2008-2010)-BOS(2011-2014)-BAL(2014)-NYY(2015-2016)-CLE(2016-2018)-STL(2019-2021)

 

通算成績 612試合 55勝55敗 防御率4.03 979奪三振 63セーブ 142ホールド fWAR12.8

獲得タイトル:特になし

 

2016年 70試合 10勝1敗 防御率1.45 123奪三振 12セーブ 25ホールド fWAR2.9

 

ミラー・タイム

2メートルを超える長身から投じられる160キロ超の直球とスライダーのコンビネーションで数々のピンチを火消ししてきたリリーバー。

 

全盛期は2014年から2017年にかけての4シーズン。

その間で260試合に登板し、防御率1.93・奪三振率14.44と驚異的な数字を残した。

 

ミラーの大車輪の活躍もあり、リリーフの価値も急上昇。

トレードデッドラインでもリリーフを積極補強する潮流が生まれ、FAではデービス、チャップマンら年1000万ドル以上の契約を勝ち取るリリーバーも続出した。

 

義に厚い性格で、2022年開幕前の労使交渉では選手会代表として奮闘。

結果として選手にとってはメリットの多い内容で労使交渉をとりまとめ、仕事をきっちり果たした上で現役引退を表明した。

 

球種はツーシーム、スライダー。

 

f:id:tigpawapro:20230808213125j:image

f:id:tigpawapro:20230808213141j:image

f:id:tigpawapro:20230808213148j:image

プライバシーポリシー お問い合わせ