NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ルーグネッド・オドーア 2016年 パワナンバー

ルーグネッド・オドーア

TEX(2014-2020)-NYY(2021)-BAL(2022)-SD(2023)-巨人(2024-)

 

通算成績 1154試合 .230 930安打 178本塁打 568打点 70盗塁 fWAR12.1

獲得タイトル:特になし

 

2016年 150試合 .271 164安打 33本塁打 88打点 14盗塁 fWAR3.4

 

乱闘は任せろ!

巨人入りが確実視されている、MLB通算178本塁打を放った強打のセカンド。

 

シーズン30本塁打を3度達成するなどメジャーでの実績は2024年の新外国人組でもトップクラス。

 

ネームバリューはピカイチだが、現状バッティングは2016年がピークで、それ以降は打率2割を残せるかどうかという惨憺たるもの。

選球眼もイマイチなこともあり、2017年には30本塁打以上を放った選手では歴代ワーストとなるOPS.649というトンデモない数字を残している。

 

バッティングと同様に守備も粗く、セカンドの通算DRSはマイナス39。

守備範囲は狭いわけではないが、ミスが非常に目立ちセカンドの失策王に6度も輝いている。

 

阿部監督はバントに右打ち、打席での粘りなど「自己犠牲」の精神を説いているが、フリースインガーのオドーアには全くと言っていいほどマッチしなさそう。

 

また、生粋のファイターでもあり、2016年にはホセ・バティスタと球史に残る乱闘を繰り広げ話題になった。

 

f:id:tigpawapro:20240120184637j:image

f:id:tigpawapro:20240120184652j:image

f:id:tigpawapro:20240120184659j:image

f:id:tigpawapro:20240120184706j:image

 

査定に関して

キャリアハイの成績を残した2016年をベースに、それ以外のシーズンの要素もちょこちょこ混ぜています。*1

 

外野適正

外野手としてプレーするようになったのは2023年から。

当初はつけない予定でしたが、巨人が外野として起用するとの噂を聞き、オーペナ用に付けときました。

 

プレッシャーラン

●ド迫力の巨人新助っ人オドーア、併殺崩し任せろ

2018年には殺陣スライディングでシモンズを粉砕!その後、乱闘に…。

 

ホーム突入
●巨体オドーアが激走!ド迫力ランで一気生還

2019年6月9日のアスレティックス戦で単独ホームスチールに成功!

 

チームプレイ×

●乱闘任せろ!オドーア、巨人の魔除けや!

f:id:tigpawapro:20240120185925j:image

「任せろ!」というよりは、オドーアのラフプレーのせいで乱闘が起こることが多い…。

バティスタとの伝説の乱闘はこちらから

Nishiのひとりごと

●巨人・阿部、オドーアの活躍に太鼓判!

阿部監督はオドーアに対して、「基本は外野。すごく器用で野球脳がありそう」と語っているが結果はいかに…。

 

関連選手:オドーア被害者の会

会長:ホセ・バティスタ

tigpawapro.hatenablog.com

tigpawapro.hatenablog.com

 

副会長:アンドレルトン・シモンズ

tigpawapro.hatenablog.com

*1:いわゆるハイブリッド査定ってやつです

プライバシーポリシー お問い合わせ