NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ミゲル・カブレラ 2006年 パワナンバー

ミゲル・カブレラ

FLA(2003-2007)-DET(2008-2023)

 

通算成績 2797試合 .306 3174安打 511本塁打 1881打点 40盗塁 fWAR68.7

獲得タイトル:MVP2回、首位打者4回、本塁打王2回、打点王2回、シルバースラッガー賞7回、ハンク・アーロン賞2回

 

2006年 158試合 .339 195安打 26本塁打 114打点 9盗塁 fWAR6.3

 

ミギー

ベネズエラ出身選手としては歴代最多となる3174安打を放った元・現役最強打者。

 

ミゲル・カブレラといえば三冠王を成し遂げたデトロイト・タイガースのイメージが強いが、メジャーデビューはフロリダ・マーリンズ。

 

マーリンズ時代はルーキーイヤーに打率.268・12本塁打と頭角を表すと、2年目には打率.294・33本塁打を記録し、レギュラーに完全定着。

ここから11年連続で30本塁打・100打点オーバーと一気に現役最強打者の地位に駆け上がった。

 

2016年までは毎年のように3割・30本塁打・100打点に近い成績を叩き出し、2023年までの8年2億4800万ドルの契約を満了する頃には通算3500安打・600本塁打のマイルストーンにすら余裕で到達すると言われていたが…。

 

2017年以降は度重なる故障に苦しみ、自慢のパワーもスケールダウン。

晩年には二桁本塁打も打てなくなり、現役最強と謳われたバッティングは見る影も無くなってしまった。

 

とはいえ、通算で3000本安打・500本塁打・1500打点のマイルストーンはクリアしており、ステロイドといった薬物とは無縁だったことは素晴らしく、有資格1年目の2029年に殿堂入りすることが確実視されている。

 

f:id:tigpawapro:20240413190251j:image

f:id:tigpawapro:20240413190408j:image

f:id:tigpawapro:20240413190417j:image

f:id:tigpawapro:20240413190425j:image

 

関連選手

タイガース時代のミギー

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ