NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 AJ・ポロック 2015年 パワナンバー

AJ・ポロック

f:id:tigpawapro:20240509214553j:image

ARI(2012-2018)-LAD(2019-2021)-CWS(2022)-SEA(2023)-SF(2023)

 

通算成績 1087試合 .273 1032安打 145本塁打 485打点 122盗塁 fWAR20.2

獲得タイトル:ゴールドグラブ賞1回

 

2015年 157試合 .315 192安打 20本塁打 76打点 39盗塁 fWAR6.8

 

Pollo

走攻守揃ったダイヤモンドバックスのリードオフマン。

 

2015年は主に一番・センターで起用され、リーグ4位の39盗塁と足でかく乱。守備ではファインプレーを連発し、DRSもプラス14と優秀。

fWAR6.8は両リーグの野手では8位、rWARでは7.4とMVP級の数字を残したが、チームが地区3位に低迷してしまったことも災いし、MVP争いでは得票ゼロに終わった。

 

ウィークポイントはケガの多さ。球界屈指のセンターへと飛躍が期待された2016年は開幕前に右ひじを骨折し、シーズン出場数は12試合にとどまった。

その後も毎年のように故障に苦しみ、最後まで健康でシーズンを送れたのは2022年くらい。

 

マリナーズに加入した2023年は開幕から打率がシアトルの市外局番*1を下回る.173と全く打てず。

 

2024年はどこのチームとも契約しておらず、このまま現役引退が濃厚だ。

 

f:id:tigpawapro:20240331160856j:image

f:id:tigpawapro:20240331160904j:image

f:id:tigpawapro:20240331160912j:image

f:id:tigpawapro:20240331160919j:image

 

査定に関して

盗塁B

2015年の盗塁成功率は84.7パーセント。

 

固め打ち

2015年は4試合で1試合4安打を記録。

猛打賞も22回と打ち始めたら止まらない。

 

初球◯

初球打率.459、ゼロストライクでの打率は.413。

 

チャンスメーカー

初回先頭打者打率は.349。リードオフイニングでの打率も.331と切り込み隊長としては申し分ない数字を記録。

 

インコースヒッター

内角球を捌くのが上手いイメージ

 

対ストレート◯

対速球系打率は.363。一方で変化球には脆さを見せる。

 

満塁男

満塁のシチュエーションでは打率.556、OPS1.500と驚異的な集中力を発揮。

 

併殺

球界屈指のスプリントスピードを誇りながら、2015年はどういうわけか19併殺。

 

Nishiのひとりごと

査定に関して色々書きましたが、一番のこだわりはパワター。

f:id:tigpawapro:20240331191023j:image

ポロックの青髭を再現するためにヒゲの色をグレーにしています。

*1:206

プライバシーポリシー お問い合わせ