NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ジョーダン・モンゴメリー 2023年 パワナンバー

ジョーダン・モンゴメリー

NYY(2017-2022)-STL(2022-2023)-TEX(2023)

 

通算成績 141登板 38勝34敗 防御率3.68 705奪三振 fWAR14.2

獲得タイトル:特になし

 

2023年 32登板 10勝11敗 防御率3.20 166奪三振 fWAR4.3

 

ボラス5

なかなかチームが決まらない2023年FA選手の目玉のひとり。

 

ヤンキース時代はイマイチ信頼感にかけるローテーション4、5番手投手の印象が強かったが、2022年シーズン途中にカーディナルスに移籍してから安定感がグッと向上。

 

2023年は前半戦に防御率3.23の好成績を記録し、トレードデッドラインでコンテンダーのレンジャーズへ移籍。

レンジャーズでは11登板で防御率2.79と左のエースとして活躍し、チームの世界一の原動力になった。

 

同年オフにはFAとなり、スネルと共に先発投手の目玉として注目を集めるも、ボラス案件ということもあり、オープン戦が始まった3月2日の時点で去就は未定。

 

とはいえチャップマンやベリンジャーらボラス案件の選手も着々とチームが決定しており、ボラスサイドが妥協すれば10日以内にはチームが決まりそう。

 

球種はツーシーム、カーブ、チェンジアップ。

 

f:id:tigpawapro:20240302195710j:image
f:id:tigpawapro:20240302195707j:image
f:id:tigpawapro:20240302195713j:image

 

査定に関して

内角攻め

モンゴメリーは球威はないが、それを補うべく強気なインコース攻めを敢行。右打者には膝下に食い込むチェンジアップやツーシームをビシッと投げ込んでいる。

f:id:tigpawapro:20240302200221j:image

 

Nishiのこぼれ話

敏腕代理人として知られるスコット・ボラス氏。強気の交渉でこれまでに数々の大型契約を勝ちとってきたが、2023年オフは大苦戦。

 

一部ファンの間では契約がなかなか決まらない今シーズンFAの目玉選手5人を「ボラス5」と呼ぶ声も広まっている。

 

関連選手:ボラス5

ブレイク・スネル

tigpawapro.hatenablog.com

 

コディ・ベリンジャー

tigpawapro.hatenablog.com

 

マット・チャップマン

tigpawapro.hatenablog.com

 

JD・マルティネス※パワプロ2020Ver

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ