NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ジミー・コルデロ 2023年 パワナンバー

ジミー・コルデロ

WSH(2018)-TOR(2019)-CWS(2019-2020)-NYY(2023)-ロッテ(2024-)

 

通算成績 114試合 6勝7敗 防御率4.36 99奪三振 21ホールド fWAR0.9

獲得タイトル:特になし

 

2023年 31試合 3勝2敗 防御率3.86 34奪三振 8ホールド fWAR0.5

 

最速162キロを誇るシンカーボーラー

千葉ロッテマリーンズ入団が報じられた、元ヤンキースのリリーバー。

 

助っ人外国人の大半はメジャーでの実績が乏しいor実績はあるもののここ数年は不調の2パターンに分類できるが、コルデロは2023年にシーズン31登板、防御率3点台と現役バリバリのメジャーリーガー。

 

なぜ、こんな選手が日本に来た理由はオスナと同じで「やらかした」から。

コルデロは今年の7月にDVで出場停止&制限リスト入りになっており、事実上のメジャー追放をくらっている。

 

起用法はセットアッパーが濃厚で怪我さえなければ、今年のペルドモ級のピッチングも期待できそうだ。

 

球種はツーシーム、スライダー。

スライダーは被打率.143とメジャーでも通用していた。

 

f:id:tigpawapro:20231207235055j:image
f:id:tigpawapro:20231207235104j:image
f:id:tigpawapro:20231207235111j:image

 

査定に関して

ナチュラルシュート

コルデロはフォーシームをほとんど投げないフルタイムのシンカーボーラー。

 

ゴロピッチャー

ゴロ率はメジャーでも屈指の高さで、2023年のGB%は平均を大きく上回る55.8%を記録。

 

対ランナー

ランナーなしでの被打率は.197だが、ランナー一塁だと.364に跳ね上がる。

 

短気

DVを起こすなど精神的に未熟な一面も。

 

Nishiのひとりごと

現役バリバリのメジャーリーガーが来るのは嬉しい一方で、NPBが DVなどでやらかしたメジャーリーガーの流刑地になっているのは気がかりですね。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ