NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 コディ・アレン 2014年 パワナンバー

コディ・アレン

CLE(2012-2018)-LAA(2019)

 

通算成績 481試合 24勝31敗 防御率3.14 593奪三振 153セーブ 32ホールド fWAR6.8

獲得タイトル:特になし

 

2014年 76試合 6勝4敗 防御率2.07 91奪三振 24セーブ 9ホールド fWAR1.2

 

インディアンズの鉄腕クローザー

伝家の宝刀ナックルカーブを武器に活躍した2010年代を代表するクローザー。

 

メジャー2年目の2013年から2018年までの6シーズン連続で60登板をクリア。

その間に挙げた149セーブはインディアンズの球団最多記録で、チームのワールドシリーズ進出にも大きく貢献。

 

勤続疲労か2017年は防御率4.70と数字を落とし、エンゼルスに移籍した2018年は防御率6.26と打ち込まれ、シーズン途中で契約解除。

 

その後もツインズ、レンジャーズ、カブスと続けざまにマイナー契約でメジャー挑戦を目指すも、一度も復活することはなく、2021年をもって現役引退を表明した。

 

球種はナックルカーブ。

 

f:id:tigpawapro:20230601204133j:image

f:id:tigpawapro:20230601204140j:image

f:id:tigpawapro:20230601204146j:image

Nishiのひとりごと

エンゼルスに加入するとどんな一流リリーバーでも打ち込まれる、通称「ナイトメア現象」。

2021年ごろからメディアでワイワイ言われ始めましたが、始まりはこのアレン。

 

逆にエンゼルスから抜け出すとイグレシアスのように復活するのも不思議なところ…。

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ