NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 スコット・マクガフ 2023年 パワナンバー

スコット・マクガフ

MIA(2015)-ヤクルト(2019-2022)-ARI(2023-)

 

通算成績 69試合 2勝7敗 防御率5.14 90奪三振 9セーブ 14ホールド fWAR−0.1

獲得タイトル:特になし

 

2023年 63試合 2勝7敗 防御率4.73 86奪三振 9セーブ 14ホールド fWAR−0.1

 

ジョーンズは天敵

8シーズンぶりのメジャー復帰を果たした元ヤクルトの守護神。

 

ヤクルトでは2021年からクローザーとして定着し、2年連続で30セーブ越えと大活躍。

 

2022年オフにダイヤモンドバックスと2年635万ドルとリリーバーとしてはまずまずの契約を結んだ。

 

2023年は月間防御率が4月3.95、5月2.81、6月2. 19と良化傾向にあり、 6月にはクローザーとして起用されるようになったが…

 

7月に防御率9.58と盛大にファイヤーし、 それ以降も持ち直すことはなく、防御率4.73と微妙な成績でシーズンを終えた。

 

球種はHスライダー、SFF。

 

f:id:tigpawapro:20231012212613j:image
f:id:tigpawapro:20231012212620j:image
f:id:tigpawapro:20231012212626j:image

 

査定に関して

寸前

マクガフはオリンピックや日本シリーズなどここぞの場面で打たれるイメージ。
また、2023年は9回の防御率が5.51と振るわなかった。

 

牽制

2020年に誰もいない一塁に牽制し、話題になったが、牽制のスピードは速い。割りとネタ査定。

 

Nishiのひとりごと

2023年のメジャーは今回作成したマクガフに加え、ブレイシア、PJ、トンキン、マーティンと日本でプレーしたリリーバーが大活躍。2024年は、このメンバーに誰が加わるのか楽しみだ。
 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ