NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ジョーイ・メネセス 2023年 パワナンバー

ジョーイ・メネセス

オリックス(2019)-WSH(2022-)

 

通算成績 210試合 .288 240安打 26本塁打 123打点 1盗塁 fWAR1.3

獲得タイトル:特になし

 

2023年 154試合 .275 168安打 13本塁打 89打点 fWARマイナス0.2

 

国際大会の経験豊富なオールドルーキー

オリックスでプレーしたことでもお馴染みのジョーイ・メネセス。

 

オリックス時代は開幕前の侍ジャパンとの親善試合で打率.625と打ちまくり、高い期待を寄せられるも…。

開幕からは別人のように打てなくなり、29試合で6本塁打。シーズン途中にはドーピングが発覚し、解雇されるという残念な形でNPBでのキャリアを終えた。

 

2020年以降はマイナーで奮闘し、30歳を迎えた2022年にメジャー初昇格。同年は56試合で13本塁打、打率.324と大暴れした。

 

メジャー2年目となる2023年はナショナルズの4番としてフルシーズンレギュラーとして出場。

打撃面では2022年の勢いこそは保てなかったが、31歳にして規定打席に到達するなど順風満帆なシーズンを送った。

 

f:id:tigpawapro:20240214204651j:image
f:id:tigpawapro:20240214204655j:image
f:id:tigpawapro:20240214204648j:image
f:id:tigpawapro:20240214204644j:image

 

査定に関して

国際大会◯

メネセスはマイナー時代からメキシコ代表の常連。

東京オリンピックでは打率5割、WBC2023年大会では打率.370、アメリカ代表から2本塁打を放つなど大活躍。

 

Nishiのひとりごと

MLB視聴の醍醐味の一つはメネセスのようにNPBに縁があった選手の今後が分かること。

 

2024年は元DeNAのエスコバー、元阪神のブルワー、元オリックスのワゲスパック、元ロッテのペルドモあたりはメジャーでもプレーする姿が見れそうです。*1

*1:あと、元中日のロドリゲスも

プライバシーポリシー お問い合わせ