NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 スペンサー・ストライダー 2023年 パワナンバー

スペンサー・ストライダー

ATL(2021-)

 

通算成績 65試合 32勝10敗 防御率3.37 483奪三振 fWAR10.3

獲得タイトル:最多勝利1回、最多奪三振1回

 

2023年 32試合 20勝5敗 防御率3.86 281奪三振 fWAR5.5

 

ドクターK

2023年にMLB歴代4位(短縮シーズンを除けば歴代2位)の奪三振率13.51を記録した「ドクターK」。

 

今シーズン奪った三振の数は281!ちなみにこの数字はブレーブスの球団新記録となっている。

 

ランナーを背負ってから崩れることがやや多く、防御率は3点台後半とイマイチだったが、FIPは両リーグ2位の2.86と優秀。

 

fWARも投手ではウィーラー(6.0)に次ぐ、5.5を記録しており、セイバー上では現役トップの先発投手であるといっても過言ではない。

 

球種はスライダー、Vスライダー、チェンジアップ。

 

f:id:tigpawapro:20231002200757j:image

f:id:tigpawapro:20231002200805j:image

f:id:tigpawapro:20231002200811j:image


査定に関して

2種類のスライダー

2022年バージョンはスラーブで再現していたが、同じではつまらないという個人的な理由とハイライト動画で横変化重視と縦変化重視の2種類のスライダーを投げ分けていたのではと考察(妄想)。

そんな経緯もあって今回はスライダーとVスライダーに分けましたとさ。

 

Nishiのひとりごと

セイバー上では球界トップの先発投手だが、防御率重視のサイ・ヤング賞投票での得票は難しそう。

プライバシーポリシー お問い合わせ