Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 川上憲伸 2009年 パワナンバー

川上憲伸

中日(1998−2008)–ATL(2009-2010)–中日(2012-2015)

 

通算成績(MLB)32試合 7勝12敗 防御率3.86 105奪三振 1セーブ

獲得タイトル:特になし

 

海を渡った中日のエース

中日時代はカットボールと圧倒的コントロールを武器に沢村賞1回、最多勝2回の大活躍。2008年オフにメジャー挑戦を表明し、2009年1月にブレーブスと3年2400万ドルで契約。メジャーでは自慢のカットボール以上に緩急の効いたスローカーブが効果的で決め球にしており、スプリッターもレパートリーに加えていた。ルーキーイヤーは防御率3.86と先発三番手としては申し分のない活躍。やや援護にかけ負け越してしまったが、ハラデイやサンタナら球界のエースクラスに投げ勝ったことでファンに好印象を残した。

2年目は不調&ムエンゴで開幕から球団史上ワーストとなる9連敗を喫し、同年オフには事実上の戦力外通告を受けマイナーに降格。

中日時代からバッティングに自信があり、NPBでは通算で9本塁打を放っており、メジャーでも代打で起用されたことも。ここ最近はYouTuberや解説として活躍している。

 

球種はカットボールスローカーブSFF

 

f:id:tigpawapro:20210331154155j:image

 

パワナンバー 12500 01419 32870

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ