NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ルイス・アラエス 2023年 パワナンバー

ルイス・アラエス

MIN(2019-2022)-MIA(2023-)

 

通算成績 536試合 .326 647安打 24本塁打 201打点 11盗塁 fWAR10.6

獲得タイトル:首位打者2回、シルバースラッガー賞2回

 

2023年 147試合 .354 203安打 10本塁打 69打点 3盗塁 fWAR3.4

 

夢の4割は達成ならず

MLB史上2人目となる両リーグで首位打者のタイトルを獲得したコンタクトヒッター。*1

 

2022年にツインズで首位打者のタイトルを獲得するも、先発投手補強を優先する首脳陣の方針で、同年オフにロペスとのトレードという形でマーリンズに移籍。

 

ナ・リーグ1年目となる2023年は開幕から怒涛の固め打ちで、ヒットを量産。打率も6月24日までは4割台にのせており、テッド・ウィリアムス以来の4割打者誕生に期待がかかったが、7月の月刊打率.354、続く8月は.236と大失速。

 

結果的には4割打者誕生とはならなかったが、リーグトップの打率.354を記録して、2年連続で首位打者のタイトルを獲得した。

 

ちなみにアラエスのトレード相手であるロペスもツインズで11勝・防御率3.66と先発ローテーションの柱として活躍し、両チームWin-Winのトレードとなった。

 

f:id:tigpawapro:20231112195115j:image

f:id:tigpawapro:20231112195127j:image

f:id:tigpawapro:20231112195134j:image

 

査定に関して

守備C

2023年は主にセカンドをメインに守っており、DRSもプラス4と悪くはなかった。

 

アベレージヒッター

先日の査定会でも意見が割れたアベレージヒッターをつける基準。

筆者は基本的にキャリア通算で3割または、2シーズン連続で3割を超えだすとアベレージヒッターをつけるかどうか考え始めます。

今回作成したアラエスは両方の条件を満たしており、選手タイプ的にもピッタシだったので迷わずつけました。

あと、アベレージヒッターに関してはこちらの記事も参考になりますよ!

www.heroin-powerpro.com

 

プルヒッター&流し打ち

f:id:tigpawapro:20231112195355j:image

広角にヒットを放っているものの、ホームランは引っ張り方向が中心。

 

固め打ち

猛打賞20回。うちシーズン4安打は4回、5安打は3回も記録している。

 

粘り打ち

追い込まれると露骨にヒッティングに切り替えるイメージ。

 

 

*1:ちなみに1人目はロッキーズ、ヤンキースで活躍したラメイヒュー

プライバシーポリシー お問い合わせ