NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 コーリー・シーガー 2023年 パワナンバー

コーリー・シーガー

LAD(2015-2021)-TEX(2022-)

 

通算成績 906試合 .292 1019安打 170本塁打 543打点 17盗塁 fWAR32.2

獲得タイトル:新人王、シルバースラッガー賞2回

 

2023年 119試合 .327 156安打 33本塁打 96打点 2盗塁 fWAR6.1

 

シーガー弟

シーガー三兄弟の三男。*1

 

ルーキーイヤーの2016年にいきなりショートという負担の大きいポジションにも関わらず、打率.308・26本塁打・fWAR5.1という好成績を残し、新人王のタイトルを獲得。

 

以降は怪我に悩まされながらも、試合に出れればショートとしては最高レベルの打撃成績を残してきた。

 

2021年オフにFAになるとレンジャーズと10年3億2500万ドルの超大型契約を締結。

契約1年目は33本塁打とパワーを発揮したものの、打率.245とアベレージは残せず…。

 

契約2年目の2023年は相次ぐ故障に苦しみながらもキャリアハイのペースで打ちまくり、一時は首位打者争いでトップを独走。

しかし、シーズン終盤にレイズのディアスが怒涛の追い上げを見せ、最終的にディアス.330、シーガー.327と僅差でタイトルを逃す悔しい結果に終わってしまった。

 

ルーキーイヤーからDRSはマイナスと守備には課題を抱えていたが、最近は改善傾向にあり、2023年はDRSプラス5。

レンジャーズ移籍当初は2、3年でコンバートかと言われていたが、このまま改善できれば4、5年はショートでプレーできそうだ。

 

f:id:tigpawapro:20231028222155j:image

f:id:tigpawapro:20231028222209j:image

f:id:tigpawapro:20231028222216j:image

 

Nishiのひとりごと

兄弟メジャーリーガーは末っ子が活躍している気がしますね。*2

*1:長男はマリナーズで活躍したカイル・シーガー。次男はマイナーリーガーのジャスティン・シーガー

*2:モリーナ兄弟、アップトン兄弟、ウィーバー兄弟、ガルシア兄弟、ゴンザレス兄弟など

プライバシーポリシー お問い合わせ