NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 J.P.クロフォード 2023年 パワナンバー

J.P.クロフォード

PIT(2017-2018)-SEA(2020-)

 

通算成績 668試合 .252 607安打 46本塁打 249打点 22盗塁 fWAR13.4 

獲得タイトル:ゴールドグラブ賞1回

 

2023年 145試合 .266 142安打 19本塁打 65打点 2盗塁 fWAR4.9

 

ドライブラインでパワー開眼

2022年まではシーズンで二桁本塁打を記録したことがなく、ファンからも守備の人というイメージを持たれていたクロフォード。

 

2023年も5、6本打てればいいな程度の期待値でスタートしたが、突然のパワー開眼を果たし、キャリアハイの19本塁打をマーク。

 

パワーアップの要因はオフにドライブラインに通い、当てに行くバッティングからライト方向に引っ張るバッティングを身につけたということにあり、ホームランも14本がライト方向だった。

 

打撃成績の向上に伴い、rWARではキャリアハイの5.0を記録。これは全ショートの中でも5番目に高い数値だった。

 

f:id:tigpawapro:20231113225241j:image

f:id:tigpawapro:20231113225220j:image

f:id:tigpawapro:20231113225252j:image

 

査定に関して

守備D

クロフォードは2020年にゴールドグラブ賞を獲得したこともあり、名手のイメージだったが、今シーズンのDRSはマイナス3とイマイチな数字だった。

 

選球眼

94個のフォアボールを選んでおり、スタットキャストのBB%でもトップレベルの14.7%を記録して

プライバシーポリシー お問い合わせ