NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 パトリック・コービン 2019年 パワナンバー

パトリック・コービン

CIN(2012-2018)–WSH(2019-)

 

通算成績 278試合 87勝103敗 防御率4.31 1466奪三振 fWAR23.3

獲得タイトル:特になし

 

2019年 33試合 14勝7敗 防御率3.25 238奪三振 fWAR4.7

 

世界一の立役者から悪夢の不良債権に

2018年オフに6年1億4000万ドルの大型契約でナショナルズに迎え入れられた先発左腕。

 

1年目の2019年はシャーザー、ストラスバーグに並ぶ先発ローテーションの柱として大活躍。9月にコービンが200個目の三振を奪ったことで、ナ・リーグでは50年ぶりとなる200奪三振トリオを達成している。

 

ポストシーズンでも安定したピッチングを披露し、チームの世界一に大きく貢献した。

 

2020年以降はスライダーの精度が下がり、めった撃ち状態に。

2021年から2023年の3シーズン連続でリーグ最多敗戦という不名誉な記録を樹立してしまった。

 

球種はスラーブ、カーブ、チェンジアップ。

 

f:id:tigpawapro:20230928221822j:image
f:id:tigpawapro:20230928221830j:image
f:id:tigpawapro:20230928221837j:image

Nishiのひとりごと

ここで地獄のようなコービンのスタットキャストの各種指標をひとつまみ

f:id:tigpawapro:20230928221923j:image

2022年はどうしようもないくらい打ち込まれ、リーグ最多の19敗、防御率は6.31という不名誉な数字に。

プライバシーポリシー お問い合わせ