NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 アンドリュー・ヒーニー 2022年 パワナンバー

アンドリュー・ヒーニー

MIA(2014)-LAA(2015-2021)-NYY(2021)-LAD(2022)-TEX(2023-)

 

通算成績 137試合 36勝42敗 防御率4.56 760奪三振 fWAR8.4

獲得タイトル:特になし

 

2022年 16試合 4勝4敗 防御率3.10 110奪三振 fWAR1.1

 

奪三振マシーン

ドジャース魔改造シリーズの最新作。

 

エンゼルス時代は先発5番手クラスのピッチャーだったが、ドジャース入団を機にスライダーを大改造。

スラーブのように大きく曲がるスライダーを習得すると72イニングで110奪三振、奪三振率は13.62と奪三振マシーンに進化。

 

2022年オフには2年総額2500万ドルの契約でレンジャーズに移籍した。

 

2023年も奪三振マシーンぶりは健在。4月10日のロイヤルズ戦でア・リーグ記録となる9者連続奪三振という偉業を成し遂げた。

 

球種はスラーブ、チェンジアップ。

 

f:id:tigpawapro:20230411225715j:image

f:id:tigpawapro:20230411225724j:image

f:id:tigpawapro:20230411225732j:image

 

Nishiのひとりごと

投手の魔改造という面ではレイズ、アストロズ、ドジャースの三球団がずば抜けて印象。

 

・レイズはマイナーでパッとしない選手を一線級に育てる

・アストロズはプレスリーのようにいいカーブを投げるピッチャーに目をつけ、カーブを軸にしたピッチングスタイル変更をサポート。

・ドジャースはある程度実績があるピッチャーに新球種を授ける

とそれぞれの球団ごとに独自色があるのが面白いところ。

 

ヒーニーの魔改造に続くべく、2022年オフにドジャースにはシンダーガードとミラーが加わっており、二人がどうなるのかにも注目したい。

プライバシーポリシー お問い合わせ