NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 野茂英雄 1995年 パワナンバー

野茂英雄

近鉄(1990-1994)-LAD(1995-1998)-NYM(1998)-MIL(1999)-DET(2000)-BOS(2001)-LAD(2002-2004)-TB(2005)-KC(2008)

 

通算成績(MLB) 323試合 123勝109敗 防御率4.24 1918奪三振 fWAR27.3

獲得タイトル:新人王、最多奪三振2回

 

1995年 28試合 13勝6敗 防御率2.54 236奪三振 fWAR5.2

 

パイオニア

1995年に年棒わずか980万円でメジャー挑戦。

 

大きく体をねじるトルネード投法から投じられる速球とフォークボールのコンビネーションでメジャーの強打者たちをぶった斬り。

ステロイド全盛時代にもかかわらず、リーグ2位の防御率2.54、リーグ最多の236奪三振をマークし、新人王のタイトルも獲得した。

 

当時、メジャーはストライキの影響で人気が急落していたが、野茂のセンセーショナルな活躍で多くのファン*1が増えたとのこと。

 

今日、多くの日本人選手がメジャーでプレーしているが、野茂の活躍がなければメジャーに門戸が開かれることはなかっただけに、その功績は測り知れない。

 

球種はフォークボール。

 

f:id:tigpawapro:20230524201300j:image

f:id:tigpawapro:20230524201308j:image

f:id:tigpawapro:20230524201314j:image

 

査定に関して

2種類のフォーク

今までは1種類のフォークだけで査定していましたが、とある記事でカウントを稼ぐフォークと空振りをとるためのフォークの2つを使い分けていたことがわかったため。

 

クイックF

クイックの改善に着手したのは、2000年のタイガース時代。

1.5秒から1.3秒に縮まったとのこと。*2

 

ドクターK

奪三振率11.1。個人的な査定基準でドクターKはシーズン300奪三振or奪三振率12以上(先発)と考えていましたが、三振数が少ない&ステロイド全盛時代であったことを考慮して今回は特例でつけることに。

 

荒れ球

野茂っぽさが一番出る赤青特。この得能でノーコン速球派を再現しやすくなりました。

 

Nishiのひとりごと

野茂はメジャーとNPBで数々の記録を残しましたが、個人的に一番凄いと思っている記録は「1996年7月17日のロッキーズ戦で記録したノーヒットノーラン」。

 

ノーヒットノーラン自体はメジャーで毎年2、3人達成しており、珍しいものではないが、このノーヒットノーランは超打高で有名なクアーズフィールドで達成されたもの。

 

2023年5月時点でクアーズフィールドでノーヒットノーランを達成したのは野茂ひとりであり、今後も破られそうにない。

*1:ノモマニアと呼ばれていたとか

*2:ソースはwiki

プライバシーポリシー お問い合わせ