NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 デビッド・オルティーズ 2006年 パワナンバー

デビッド・オルティーズ



MIN(1997-2002)-BOS(2003-2016)

 

通算成績 2408試合 .286 2472安打 541本塁打 1768打点 9盗塁 fWAR51.0

獲得タイトル:本塁打王1回、打点王3回、シルバースラッガー賞7回、エドガー・マルティネス賞8回、ハンク・アーロン賞2回

 

2006年 151試合 .287 160安打 54本塁打 137打点 1盗塁 fWAR5.3

 

ビッグ・パピ

バンビーノの呪いを解き、 レッドソックスを3度のワールドシリーズ制覇に導いたスラッガー 。


優れたバッティングセンスに加え、 ここぞという場面で結果を出せるクラッチヒッターで得点圏打率は通算打率を上回る.296を記録。

OPSに至っては否得点圏が.895に対して得点圏は.943と跳ね上がる。

 

大舞台であるポストシーズンにも非常に強く通算17本塁打を放っている。


一部では得点圏打率や勝負強さはオカルトといわれるが、オルティスの活躍を見ると、 オカルトではないのではと思いたくなる活躍ぶりだった。


時にブチ切れることもあるが、優れたリーダーシップと人間性からチームメイト、ファンからも愛された選手で、2013年のボストンマラソンテロ事件を受けての「ボストン・ ストロング」はは球史に残る名演説になった。


2021年にはDH専の選手としてはエドガー・ マルティネスに続く2人目として殿堂りを果たしている。


ここ最近は、解説としても活躍しており、WBCでは中継にうつる場面も。

 

f:id:tigpawapro:20230519231318j:image

f:id:tigpawapro:20230519231327j:image

f:id:tigpawapro:20230519231335j:image

 

査定に関して

決勝打

クラッチヒッターぶりを再現


サヨナラ男

レギュラーシーズンとポストシーズン累計で13回のサヨナラ本塁打を記録したことから。

プライバシーポリシー お問い合わせ