NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 アレン・ハンソン 2018年 パワナンバー

アレン・ハンソン

PIT(2016-2017)-CWS(2017)-SF(2018)-TOR(2019)-BCリーグ(2023)-日本ハム(2023-)

 

通算成績 261試合 .232 136安打 12本塁打 55打点 21盗塁 fWAR -1

獲得タイトル:特になし

 

2018年 110試合 .252 74安打 8本塁打 39打点 7盗塁 fWAR0.6

 

俊足ユーティリティ

日本ハム入団が決まった内外野を器用にこなすユーティリティ。

 

メジャー4球団で261試合に出場と実績はそれなりにあり、キャリアイヤーの2018年はフルシーズンメジャーでプレー。

主にセカンドとクロフォード休養時にショートを守り、DRSはセカンドマイナス1、ショートはゼロとユーティリティとして最低限の役割は果たしている。

 

日本ハムは石井、加藤豪、五十幡と二遊間を守れる選手が相次いで故障。その穴を埋めるという意味ではうってつけの補強と言えるだろう。

 

f:id:tigpawapro:20230508230601j:image

f:id:tigpawapro:20230508230608j:image

f:id:tigpawapro:20230508230614j:image

 

査定に関して

今回は2018年をベースに査定。

 

悪球打ち+三振+積極打法

2018年は310打席で選んだフォアボールは9。三振は71と選球眼は皆無。

上記の特能を組み合わせることで四球拒否&どんな球でも打ちに行くスタイルを再現。

 

代打○

シーズン8本塁打のうち2本が代打本塁打。代打打率も.379。

これはつけるしかないでしょう。

プライバシーポリシー お問い合わせ