Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 イバン・ロドリゲス 1999年 パワナンバー

イバン・ロドリゲス

TEX(1991-2002)-FLA(2003)-DET(2004-2008)-NYY(2008)-HOU(2009)-TEX(2009)-WSH(2010-2011)

 

通算成績 2543試合 .296 2944安打 311本塁打 1322打点 127盗塁

獲得タイトル:MVP1回、シルバースラッガー賞7回、ゴールドグラブ賞13回

 

1999年 144試合 .332 199安打 35本塁打 113打点 25盗塁

 

パッジ

2017年に殿堂入りを果たしたMLB歴代最強捕手の1人。捕手として2427試合出場・ゴールドグラブ賞13回受賞は歴代最多記録である。

捕手に求められる全てのスキルをハイレベルで有し、特に肩の強さはピカイチ。通算での盗塁阻止率は.457と圧巻の数値。バッティングも広角に打ち分ける抜群のミート力を誇り、シルバースラッガー賞も7回受賞している。特に全盛期の1990年代後半は毎年のように3割をマークしている。高いミート力のせいか選球眼は皆無で通算打率.297に対して通算出塁率はわずか.334と残念な数字なのが唯一の欠点か。

パワーが低下し始めた2000年代からは卓越したリードでチームを支え2003年にはマーリンズを世界一に、2006年はタイガースをワールドシリーズ出場に導いている。

ここまで書くと完全無欠のようだが、ステロイドの影が殿堂入り捕手ピアザ同様ちらついており、ホセ・カンセコの暴露本でもステロイド使用者として名前が上がっている。それを証明するかのように2000年を境にパワーが急激に低下しており、彼の殿堂入りを疑問視する声も少なくはない。

 

f:id:tigpawapro:20210508194039j:image

 

パワナンバー

 

作成選手一覧はこちらから 

tigpawapro.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー お問い合わせ