NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ランディ・ジョンソン 2002年 パワナンバー

ランディ・ジョンソン

f:id:tigpawapro:20240509214639j:image

MON(1988-1989)–SEA(1989-1998)–HOU(1998)–ARI(1999-2004)–NYY(2005-2006)–ARI(2007-2008)–SF(2009)

 

通算成績 618試合 303勝166敗 防御率3.29 4875奪三振 fWAR110.5

獲得タイトル:サイ・ヤング賞5回、最多勝利1回、最優秀防御率4回、最多奪三振9回

 

2002年 35試合 24勝5敗 防御率2.32 334奪三振 fWAR8.1

 

Big Unit

MLB歴代22位の通算303勝、歴代2位の4875奪三振、サイ・ヤング賞5回はロジャー・クレメンスに次ぐ歴代2位と輝かしいキャリアを送ったMLB歴代最高のサウスポー。

 

身長2メートル8センチの長身から放たれる160キロ超の速球と切れ味鋭いスライダーのコンビネーションで奪三振を量産し、通算の奪三振率は10.61。

2001年には当時歴代1位*1の奪三振率13.41を記録している。

 

全盛期はダイヤモンドバックスに移籍した1999年から2004年にかけての6年間。この間に4回のサイ・ヤング賞を獲得し、2001年にはカート・シリングとの20勝コンビで設立からわずか4年でダイヤモンドバックスをワールドシリーズ制覇に導いている。

 

大きな故障とは無縁で、45歳となる2009年まで現役でプレー。

流石に晩年こそは最速でも150キロ出るか出ないかまで衰えたものの、44歳の2008年には184イニングを投げるなどチームの戦力として存在感を発揮していた。

 

2015年には得票率97.3%とぶっちぎりの数字で有資格1年目にして殿堂入り。現在は、趣味のカメラとドラムを楽しむ悠々自適の生活を送っている模様。

 

球種はツーシーム、スライダー、スラーブ、SFF。

 

f:id:tigpawapro:20240226202500j:image

f:id:tigpawapro:20240226202510j:image

f:id:tigpawapro:20240226202518j:image

 

査定に関して

球速164キロ

ランディ・ジョンソンの年度別最高球速をまとめているサイトを発見!

www.google.com

今でこそ160キロを投げるサウスポーはゴロゴロいるが、当時はジョンソン以外にはワグナーくらいしか居らず、その傑出度は相当なものだと考えられる。

 

球種構成

昨年Xで話題にした主要なメジャーリーガーの球速、球種を網羅している例の書籍を活用。

書籍によるとキャリア晩年はフォーシーム、ハードスライダー、ツーシーム、93マイルの高速チェンジアップを投げていたとあったので、そのままこれらの球種を採用。

 

また、ジョンソンは曲がりの異なる2種類のスライダーを投げ分けており、今回は斜め変化の大きいスラーブを2つ目のスライダーとして採用している。

 

対左B

2002の左右別成績は

・対右打者:被打率.206、被OPS.601

・対左打者:被打率.225、被OPS.714

と一見さほど変わらない数字が並んでいる。

しかし、対戦母数を見てみると

・対右打者:875打席

・対左打者:160打席

と左打者との対戦が圧倒的に少ない。

これはジョンソンのスライダーが左打者にとっては胸元を抉るような軌道を描き、並の左打者では手も足も出ないことからジョンソンが先発の日はスタメンから左打者を外すチームが多かったためである。*2

 

ドクターK

2002年の奪三振率はリーグトップの11.56!

尻上がり

2002年のジョンソンはリーグトップの8完投。

7〜9イニングの防御率は1.32と試合終盤になると手も足も出なかった。

 

球持ち◯

長身・長腕のサイドスローということもあり、左打者にとってはボールが手元にいつ来るかなかなか読めず大苦戦を強いられたとか。

 

内角攻め

ジョンソンといえば胸元を抉るスライダー。

 

Nishiのひとりごと

カーショウが故障続きで思った以上に成績を積み上げれなかったこともあり、歴代最高のサウスポーの称号はランディ・ジョンソンのものになりそう。今後もジョンソンを超えるサウスポーは現れそうにない。

 

関連選手:ダイヤモンドバックス世界一を支えた20勝コンビ

カート・シリング

tigpawapro.hatenablog.com

*1:現在は歴代4位

*2:ちなみにチームメイトシリングと比較するとその差は歴然。シリングは2002年にジョンソンに1足りない259イニングを投げているが、対左打者とは473打席対戦しており、いかにジョンソンが避けられていたかがよくわかる。

プライバシーポリシー お問い合わせ