NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 イアン・ケネディ 2011年 パワナンバー

イアン・ケネディ

NYY(2007-2009)-ARI(2010-2013)-SD(2013-2015)-KC(2016-2020)-TEX(2021)-PHI(2021)-ARI(2022)-TEX(2023)

 

通算成績 497試合 104勝114敗 防御率4.16 1775奪三振 66セーブ 14ホールド fWAR15.0

獲得タイトル:最多勝利1回

 

2011年 33試合 21勝4敗 防御率2.88 198奪三振 fWAR4.4

 

みんなWin-Winの三角トレード

NPBとは比べ物にならないレベルでトレードが行われるMLB。

ひとつのトレードで球界の勢力図が大きく変わる。そんなケースもたくさんあったが、今回作成したケネディが絡んだ三角トレードはまさにその好例と言えるだろう。

 

2010年オフにヤンキース、ダイヤモンドバックス、タイガース間で行われたこの三角トレードではセンターを守れる強打者を求めたヤンキースがタイガースからカーティス・グランダーソンを獲得。

 

先発ローテーションの強化を狙ったダイヤモンドバックスはタイガースからオールスター投手のエドウィン・ ジャクソン、ヤンキースからプロスペクトのイアン・ケネディを獲得。

 

そして、最後にタイガースはグランダーソンと引き換えにダイヤモンドバックスからマックス・シャーザー、ヤンキースの若手外野手オースティン・ジャクソン、そしてオリックスでもプレーしたリリーバー、フィル・ コークをゲット。


このトレードでヤンキースに移籍したグランダーソンは打点王のタイトルを獲得し、チームの3年連続ポストシーズン進出に貢献。

 

タイガースは、ジャクソンがグランダーソンの穴を埋め、レギュラーに定着。さらにシャーザーは球界のエースにまで成長し、2013年にはサイヤング賞のタイトルを獲得。

 

そして、 ダイヤモンドバックスもケネディが2011年にリーグ最多の21勝と大ブレイクを果たし、その後も先発ローテーションの柱となった。

 

このトレードは、全チームがその後移籍選手の活躍で地区優勝を成し遂げており、特にタイガースはシャーザー、バーランダーの2枚体制を築くなど黄金時代実現に一役買っている 。

 

ちなみにケネディは、その後2012年も15勝、パドレスに移籍後の2014年に13勝・ キャリアハイの207奪三振と先発としてしっかりと結果を残している。

 

キャリア晩年のロイヤルズ時代にはリリーフに転向すると、球速が150キロ中盤をコンスタントに記録するようになり、 2019年に30セーブをマーク。

フィリーズ時代の2021年には26セーブをあげるなど息の長い活躍をみせ、 2023年まで現役を続けた。

 

球種はツーシーム、スライダー、ナックルカーブ、チェンジアップ。

 

f:id:tigpawapro:20231128211945j:image
f:id:tigpawapro:20231128211953j:image
f:id:tigpawapro:20231128212002j:image

査定に関して

尻上がり

ケネディは1〜3イニングまでの防御率が3.36。4〜6イニング目が2.97。7〜9イニングは1.12と回を重ねるごとに成績が良化している。

 

 

Nishiのひとりごと

トレードの詳細を書いていたら約1000字とやたらと長い記事になりました。

多分ケネディについて触れているのは200字くらい…。 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ