Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 岩村明憲 2007年 パワナンバー

岩村明憲

ヤクルト(1997-2006)–TB(2007-2009)–PIT(2010)–OAK(2010)–楽天(2011-2012)–ヤクルト(2013-2014)

 

通算成績(MLB)408試合 .267 413安打 16本塁打 117打点 32盗塁

獲得タイトル:特になし

 

2007年 123試合 .285 140安打 7本塁打 34打点 12盗塁

 

レイズ優勝メンバー

ヤクルト時代の2004年から2006年にかけて3年連続で3割30本塁打を達成し、2006年オフに満を辞してメジャーに挑戦。レイズと3年770万ドルで契約を結び晴れてメジャーリーガーになった。2007年はヤクルト時代から慣れ親しんだサードでプレー。堅実な守備でリーグ最高の守備率.975を記録した。バッティングでもホームランこそは激減したものの打率.285、出塁率359とリードオフマンとしての役割をしっかりと果たした。

続く2008年はロンゴリアのメジャー昇格もあり、セカンドにコンバート。慣れないはずのセカンド守備ではDRSでプラスを記録するなど意外な活躍を見せ、レイズ球団史上初の地区優勝に貢献した。

メジャーでは乱闘に参加しハッスル、チームにモヒカンブームを巻き起こすなどムードメーカーとしての一面も。

2009年5月にクリス・コグランから殺人スライディングを喰らい左膝前十字靱帯を断裂する重傷がなければメジャーでももう少しキャリアを伸ばせただけに残念である。

f:id:tigpawapro:20210419201005j:image

 

パワナンバー 12000 31505 22838

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ