Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

このブログの方針&作成選手一覧リンク

MLBを中心にパワプロ2018・2020で作成した選手を公開していきます。

コナミさんから無事パワプロ2020が発売されたので、現状パワプロ2020で作成した選手を公開しております。

MLB関連やパワプロ関連の記事もアップしていくのでよろしく!

 

パワプロ2020作成選手一覧はこちらから

 

査定はかなり盛ってます(笑)

 

 

パワプロ2018作成選手一覧はこちらから!

 

プライバシーポリシー及びお問い合わせはこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

 

パワプロ2020 アレックス・ゴードン 2011年 パワナンバー

アレックス・ゴードン

KC(2007-2020)

 

通算成績 1753試合 .257 1643安打 190本塁打 749打点 113盗塁

獲得タイトル:ゴールドグラブ賞8回

 

2011年 151試合 .303 185安打 23本塁打 87打点 17盗塁

 

カンザスシティのハート&ソウル

ドラフト指名から引退までキャリアの全てをロイヤルズで過ごした真のフランチャイズプレイヤー。

デビュー当初は内野手だったが、2010年シーズン途中に外野手にコンバート。するとレフトが天職だったのか、圧倒的な守備センスでゴールドグラブ賞の常連へと変貌。強肩&的確な打球判断、ギリギリの球際も華麗にキャッチする捕球センスで通算DRSは109。その守備は衰えることはなく、ラストイヤーの2020年にもゴールドグラブ賞を獲得している。

 

f:id:tigpawapro:20210831233007j:image

 

パワナンバー

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2020 カーティス・グランダーソン 2007年 パワナンバー

カーティス・グランダーソン

DET(2004-2009)-NYY(2010-2013)-NYM(2014-2017)-LAD(2017)-TOR(2018)-MIL(2018)-MIA(2019)

 

通算成績 2057試合 .249 1800安打 344本塁打 937打点 153盗塁

獲得タイトル:打点王1回、シルバースラッガー賞1回

 

2007年 158試合 .302 185安打 23本塁打 74打点 26盗塁

 

MLB屈指のインテリ

両親がともに教師だったこともあり、文武両道を貫いたインテリ系メジャーリーガー。慈善活動に厚く、2006年からはMLBの国際親善大使として、ヨーロッパなど各国に訪れて野球教室を開催。さらに、東日本大震災後の2012年には、日本を訪れ、宮城県沖縄県などで講演、野球教室を行った。

これらの活動もあり、2016年にはロベルト・クレメンテ賞を受賞している。

走攻守すべて揃った5ツールプレイヤーであり、2007年には38二塁打・23三塁打・23本塁打・26盗塁でMLB史上3人目の20-20-20-20クラブの仲間入りを果たした。

さらに、ヤンキース移籍後は左打者有利のヤンキーススタジアムの恩恵もあり2011年、12年と続けて40本塁打をマーク。

メッツ移籍以降は低打率長打マンと化し、2016年には30本塁打以上で最小打点記録となる30本塁打・59打点という珍記録を残している。

 

f:id:tigpawapro:20210830203826j:image

 

パワナンバー

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2020 ジョシュ・レディック 2017年 パワナンバー

ジョシュ・レディック

BOS(2009-2011)-OAK(2012-2016)-LAD(2016)-HOU(2017-2020)-ARI(2021-)

 

通算成績 1251試合 .263 118安打 144本塁打 554打点 61盗塁

獲得タイトル:ゴールドグラブ賞1回

 

2017年 134試合 .314 150安打 13本塁打 82打点 7盗塁

 

強肩イケメン外野手

アストロズワールドシリーズ制覇メンバーの一員。2016年オフに4年5400万ドルの大型契約で加入。1年目は今まで致命的に打てなかった左投手からもヒットを連発し、対右投手打率.314に対して左投手も.315と遜色ない成績に。自慢のの守備も健在でDRSプラス5、レーザービームで走者を刺すシーンも何回も見られた。

趣味はプロレスで、アスレチックス時代は某レスラーとヒゲ自慢対決に興じ、世界一に輝いた時はチャンピオンベルトを身に纏っていた。

2020年に大型契約を満了。一時は無職属でこのまま引退かとも思われたが、連敗に連敗を重ねるダイヤモンドバックスに拾われ、現在は第4の外野手としてプレー。

 

f:id:tigpawapro:20210826222332j:image

 

パワナンバー 12100 81814 70462

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2020 ケビン・キアマイアー 2015年 パワナンバー

ケビン・キアマイアー

TB(2013-)

 

通算成績 729試合 .248 619安打 71本塁打 257打点 97盗塁

獲得タイトル:ゴールドグラブ賞3回

 

2015年 151試合 .263 133安打 10本塁打 40打点 18盗塁

 

世界一の外野守備

2015年に全ポジション歴代1位のDRS42をマークした守備の達人。守備にはよほど自信があるのか、一般のセンターよりもかなり浅めに守るのが特徴。守備だけでお釣りが来るレベルで2015年は打撃成績はかなり平凡にも関わらず、WAR7.3を記録。アクロバットすぎる守備が災いしてか、2016年以降は相次ぐ怪我に苦しみ、5シーズン連続で規定未到達。

2021年シーズンも守備は健在。レッドソックスとの熾烈な首位争いを繰り広げるレイズ躍進を影で支える。

 

f:id:tigpawapro:20210812225922j:image

 

パワナンバー 12100 41814 70451

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2020 トリー・ハンター 2002年 パワナンバー

トリー・ハンター

MIN(1997-2007)-LAA(2008-2012)-DET(2013-2014)-MIN(2015)

 

通算成績 2372試合 .277 2452安打 353本塁打 1391打点 195盗塁

獲得タイトル:シルバースラッガー賞2回、ゴールドグラブ賞9回

 

2002年 148試合 .289 162安打 29本塁打 94打点 23盗塁

 

ホームランキャッチの達人

ゴールドグラブ賞を9回も受賞した守備職人。特筆すべきはホームランキャッチ技術の高さで通算で12回(レギュラーシーズンのみ)ももぎ取っている。さらに、2002年のオールスターではボンズのホームランを華麗にキャッチするなど、ここぞの大舞台でもその手腕を発揮している。

2006年まではセイバーメトリクスの面でも優秀だったが、それ以降はプレーこそは派手だが指標面ではマイナス続きに。今までの実績でゴールドグラブ賞をとっているとの声がだんだんと上がり、2010年にライトにコンバートされたこともあり、連続受賞記録は9年でストップした。

通算安打数やゴールドグラブ賞の実績から殿堂入りも噂されるが、ぶっちゃけ難しいだろう。

 

f:id:tigpawapro:20210810202922j:image

 

パワナンバー 12400 41864 70599

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2020 スターリング・マルテ 2016年 パワナンバー

スターリング・マルテ

PIT(2012-2019)-ARI(2020)-MIA(2020-2021)-OAK(2021)

 

通算成績 1014試合 .287 1111安打 114本塁打 447打点 249盗塁

獲得タイトル:ゴールドグラブ賞2回

 

2016年 129試合 .311 152安打 9本塁打 46打点 47盗塁

 

ルザードとのトレードでOAKに電撃移籍

選球眼以外の全ツールを兼ね備えたオールラウンドプレイヤー。マッカッチュンとともにパイレーツ🏴‍☠️躍進を支え、2013年から16年にかけては毎年5点台近くのWARをマーク。球界を代表する選手への階段を順調に歩んでいたが、2017年シーズン途中にドーピングが発覚。80試合の出場停止を喰らい、評価も急落。

それでも復帰後は謎のパワーアップを果たし、18年・19年と2シーズン連続で20本塁打、20盗塁以上を記録。

2021年は前半戦だけで20盗塁と俊足は健在。2020年シーズン途中からプレーしているマーリンズとの契約延長の話が出ていたが、条件面で折り合いがつかず。トレードデッドラインでルザードとのトレードでアスレティックスに移籍した。

 

f:id:tigpawapro:20210805230029j:image

 

パワナンバー 12700 51804 70443

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

 

パワプロ2020 大谷翔平 2021年前半戦打者ver パワナンバー

大谷翔平

日本ハム(2013-2017)–LAA(2018-)

 

MVP最有力候補

前半戦にもかかわらず33本塁打を放ち、松井秀喜のもつMLBでの日本人選手本塁打記録を更新。そのパワーはもはや日本人離れしており、特大ホームランにアップトンらチームメイトが頭を抱える場面も。もちろん前半戦での本塁打数は両リーグぶっちぎりで1位であり、このままいけば日本人史上初の本塁打王のタイトル獲得も夢ではない。尚、後半戦ではゲレーロジュニアが再び量産体制に入り、大谷自身はホームランダービーの疲れもあって打撃不振とやや暗雲が垂れ込んでるのが気がかりである。

ピッチングでは防御率3点台と先発2番手クラスとしては文句の付けようがない好成績。問題なのは、この成績がエンゼルスの先発陣では一番優秀ということであり、チームのチグハグな補強のヤバさを物語っていると言っていいだろう。

また、エンゼルスはリリーフ崩壊を起こしており、アスレティックスメルビン監督からは「大谷で勝負するのではなく、リリーフ陣を打ち崩して勝利をもぎ取るのだ」的戦略を示唆されるなど、ここ最近は大谷の頑張りを破壊する場面が多く、10勝に到達するのは厳しそうだ。

総合指標であるWARは両リーグでもぶっちぎりで1位の5点台。このまま怪我さえなければ、2001年のイチロー以来のシーズンMVPも実現しそうだ。

 

査定に関して

本当は二刀流バージョンを作りたかったのですが、物理的に厳しいので今回は打者オンリーで査定。ちなみに二刀流バージョンはポッチャマさんが査定しているので、気になる方はそちらもチェックしてクレイトン。

 

f:id:tigpawapro:20210801193730j:image

 

パワナンバー 12000 91709 99918

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ