Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

このブログの方針&作成選手一覧リンク

MLBを中心にパワプロ2018・2020で作成した選手を公開していきます。

コナミさんから無事パワプロ2020が発売されたので、現状パワプロ2020で作成した選手を公開しております。

MLB関連やパワプロ関連の記事もアップしていくのでよろしく!

 

パワプロ2020作成選手一覧はこちらから

 

査定はかなり盛ってます(笑)

 

 

パワプロ2018作成選手一覧はこちらから!

 

プライバシーポリシー及びお問い合わせはこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

 

パワプロ2020ブランドン・ラウ2020年パワナンバー

ブランドン・ラウ

TB(2019-)

 

通算成績 181試合 .262 162安打 37本塁打 113打点 10盗塁

獲得タイトル:特になし

 

2020年 56試合 .269 52安打 14本塁打 37打点 3盗塁



実質メジャー1年目の2019年開幕前に6年2400万ドルの長期契約を結んだレイズの顔候補。

2020年にはチームトップの14本塁打をマークするなどレイズ待望の長距離砲として大ブレイク。セカンド守備ではエラー2つと堅実さはピカイチで、外野もそこそここなせるなどユーティリティプレイヤーとしての一面をもつ。

2021年シーズンは6月12日現在で打率2割きっかしと打撃は絶不調。それでもパワーは健在でチーム3位の11本塁打を放っている。

メディアによってはロウと表記されることもあるが、本人いはく発音はラウとのこと。

 

f:id:tigpawapro:20210617210439j:image

 

パワナンバー 12500 41771 23077

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2020 ルーネッド・オドーア 2016年 パワナンバー

ルーネッド・オドーア

TEX(2015-2021)–NYY(2021-)

 

通算成績 858試合 .237 749安打 146本塁打 458打点 62盗塁

獲得タイトル:特になし

 

2016年 150試合 .271 164安打 33本塁打 88打点 14盗塁

 

右ストレートでぶっ飛ばす

シーズン30本塁打3回の強打のセカンド。同僚のギャロ同様打率は2割前半がやっととコンタクト力に深刻な課題を抱えており、2020年には打率.167と年々悪化しているのは気がかりだ。守備では最多エラー4回とミスの多さが目立つ一方、2度のリーグ最多併殺を記録するなど肩はそこそこ強い。

キレやすい性格でも知られ、2016年にはバティスタの殺人スライディングにブチ切れ、華麗な右ストレートをかましバティスタのサングラスを叩き割ったことも。その後は、大乱闘となり退場処分からの7試合出場停止処分に課せられる始末。

大の馬好きで知られ、2016年オフの契約延長では馬2頭が条件に含まれていた。

2021年にはヤンキースに電撃移籍。トレードマークの顎髭をバッサリ切り落としたせいで「アンタ誰やねん」状態に。

 

f:id:tigpawapro:20210616203905j:image

 

パワナンバー 12400 01639 52591

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

 

パワプロ2020 スクーター・ジェネット 2018年 パワナンバー

スクーター・ジェネット

MIL(2013-2016)-CIN(2017-2019)-SF(2019)

 

通算成績 793試合 .286 773安打 87本塁打 360打点 24盗塁

獲得タイトル:特になし

 

2018年 154試合 .310 184安打 23本塁打 92打点 4盗塁

 

爆発力はピカイチ

2017年のレッズ移籍を機にパワー開眼。ハマった時のバッティングは手をつけられないレベルで2017年6月6日のカーディナルス戦では史上17人目の1試合4本塁打、史上15人目の1試合10打点をマークしている。また、満塁にも非常に強く、球団記録となる1シーズンでグランドスラムを4度放っている。

続く2018年にはクリスチャン・イエリッチと首位打者争いを繰り広げ、リーグ2位の打率.310をマーク。このまま、強打のセカンドとして君臨するかと期待されたが、2019年に故障して以降はメジャーでの出場はゼロにとどまっている。

2021年6月時点では流浪の民状態で、来年にはNPBや韓国リーグと契約していてもおかしくはない。

 

f:id:tigpawapro:20210615211917j:image

 

パワナンバー

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2020 ブライアン・マッキャン 2006年 パワナンバー

ブライアン・マッキャン 

ATL(2005-2013)-NYY(2014-2016)-HOU(2017-2018)-ATL(2019)

通算成績 1755試合 .262 1590安打 282本塁打 1018打点 25盗塁

獲得タイトル:シルバースラッガー賞6回

 

2006年 130試合 .333 147安打 24本塁打 93打点 2盗塁

 

打撃特化キャッチャー

キャッチャー史上歴代3位の6度のシルバースラッガー賞に輝いた強打者。シーズン20本塁打以上はのべ10回とキャッチャーの中ではずば抜けたパワーを誇った。ちなみに捕手として放った280本塁打は歴代3位の大記録。肩はそこそこで晩年のアストロズ時代はフリーパス状態。フレーミングやリード面は優秀で、ピッチャーからの信頼度は高い。

2006年に規定未到達だが打率.333をマークするなどミート力も兼ね備えていたが、極端なプルヒッティングが災いし2007年以降はシフトをがっつり引かれ打率は急落。2014年のヤンキース移籍後はついぞ打率.250の壁を越えることはできなかった。

通算WARは54.3と地道に高く、もう少し現役が長ければ殿堂入りラインの60に載る可能性もゼロではなかった。

 

f:id:tigpawapro:20210614205905j:image

 

パワナンバー 12200 11608 60909

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2020 筒香嘉智 2020年 パワナンバー

筒香嘉智

横浜(2010-2019)–TB(2020-2021)–LAD(2021-)

 

通算成績(MLB)51試合 .197 31安打 8本塁打 24打点

獲得タイトル:特になし

 

2020年 51試合 .197 31安打 8本塁打 24打点

 

まさかのドジャース移籍

メジャー1年目は、51試合で8本塁打NPB時代と同じくパワーを発揮。フルシーズン換算なら25本塁打だけにつくづく短縮シーズンなのが惜しかった。

NPB時代から速球に弱いと言われていたが、メジャーでは案の定苦しみ、4シームに対しての打率は.154と散々。特に150キロ後半になると全く手が出ず、デグロ相手には3球連続で空振りした時は、苦笑いレベル。

2021年も開幕から速球に苦しみ、打率1割ちょいと大苦戦。似たタイプのチェ・ジマンのメジャー昇格に伴い、DFAにかけられてしまった。どこのチームを獲得を見送るのではと言われていたが、まさかのドジャースが獲得を表明。数日前にプホルスを拾っていただけに驚きの声が多数上がった。

ロバーツ監督は再生に自信の様子だったが、ドジャースでも案の定速球に苦しみ、ケガ人が復帰したら即マイナー降格という綱渡りな状況に置かれている。

 

f:id:tigpawapro:20210613184945j:image

 

パワナンバー

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

パワプロ2020 ブラッド・ハンド 2020年 パワナンバー

ブラッド・ハンド

MIA(2011-2015)-SD(2016-2018)-CLE(2018-2020)-WSH(2021-)

 

通算成績 396試合 26勝43敗 防御率3.65 624奪三振 105セーブ 50ホールド

獲得タイトル:最多セーブ1回

 

2020年 23試合 2勝1敗 2.05 29奪三振 16セーブ

 

ドラクエの敵キャラじゃないです

球威はないが大きく曲がるスライダーを武器に毎年安定した活躍を見せる技巧派クローザー。

2020年にはリーグ最多の16セーブをマーク。短縮シーズンではあったものの、セーブ成功率100%、FIPは1.37と実質キャリアハイの成績でシーズンを終えた。

これだけの好成績にもかかわらず、オフには資金難に陥ったインディアンズのチーム事情によりノンテンダーFAになり、関係者をビックリさせた。

選手作成にあたって検索かけたところマドハンドの色違いやら、ドラクエの攻略方法がわんさか出てきたおかげで英語で検索するハメに。ちなみに大のドラクエファンの筆者的にもブラッドハンドはドラクエを連想させますな。

 

球種はツーシーム、スラーブ、カーブ。

 

f:id:tigpawapro:20210606194342j:image

 

個人的にパワターは自信作

 

パワナンバー

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

パワプロ2020 ザック・ブリットン 2016年 パワナンバー

ザック・ブリットン

BAL(2011-2018)-NYY(2018-)

 

通算成績 417試合 35勝25敗 防御率3.04 515奪三振 153セーブ 48ホールド

獲得タイトル:最多セーブ1回、マリアノ・リベラ賞1回

 

2016年 69試合 2勝1敗 防御率0.54 74奪三振 47セーブ

 

魔球高速シンカーの使い手

2013年まではそこそこの先発投手だったが、2014年にリリーフに転向して以降球速が大幅にアップ。

投球パターンのほぼ9割を占める160キロ超の高速シンカーを武器にゴロアウトの山を築き、鉄壁の守護神に成長した。

特に圧倒的だったのは2016年シーズンで、このシーズンはセーブ成功率100%、防御率は0.54を記録した。

続く2017年にアキレス腱を痛め、かつての支配力は薄れていったが、2018年にヤンキースに移籍してからは球威が回復。2019年には鉄壁のセットアッパーとして29ホールド。2020年にはチャップマンに変わって守護神を務めるなど、まだまだ第一線で活躍できそうだ。

 

球種はスラーブ、Hシンカー(シンキングツーシーム魔改造。160キロで変化します。)

 

f:id:tigpawapro:20210606191222j:image

 

パワナンバー 12500 71571 38135

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ