NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2022 ケンドール・グレイブマン 2021年 パワナンバー

ケンドール・グレイブマン

TOR(2014)-OAK(2015-2018)-SEA(2020-2021)-HOU(2021)-CWS(2022-)

 

通算成績 212試合 32勝37敗 防御率4.04 428奪三振 16セーブ 43ホールド

獲得タイトル:特になし

 

2021年 53試合 5勝1敗 防御率1.77 61奪三振 10セーブ 11ホールド

 

疑惑のシンカーボーラー

2021年シーズン途中に始まった抜き打ちの粘着物チェック。

 

成績を大きく落とした選手や回転数が落ちた選手は、使用疑惑がかけられ、コールがその最たる例だが、グレイブマンもその一人。

 

2021年の前半戦は30試合で防御率0.82と無双状態。しかし、チェックが厳格化した後半戦の防御率は3.13と並みレベル。

 

成績を落とす前にトレードに出したマリナーズのディポトGMはさすがとしか言いようがない。

 

粘着物騒動で色々言われたが、2021年オフにはホワイトソックスと3年2400万ドルの大型契約を締結。

移籍1年目の2022年シーズンはリーグ1位の27ホールドとセットアッパーとして額面通りの活躍。

 

球種はスライダー、チェンジアップ、Hシンカー。

 

f:id:tigpawapro:20230212220850j:image

f:id:tigpawapro:20230212220900j:image

f:id:tigpawapro:20230212220907j:image

プライバシーポリシー お問い合わせ