Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 松坂大輔 2008年 パワナンバー

松坂大輔

西武(1999-2006)–BOS(2007-2012)–NYM(2013-2014)–ソフトバンク(2015-2017)–中日(2018-2019)–西武(2020-)

 

通算成績(MLB)158試合 56勝43敗 防御率4.45 720奪三振 1セーブ

獲得タイトル:特になし

 

2008年 29試合 18勝3敗 防御率2.90 154奪三振

 

Dice-K

みなさんご存知の平成の怪物。今回はメジャーでのキャリアハイとなった2008年バージョン。18勝、防御率2.90とここだけ見ればメジャーでも屈指の数字でさすが平成の怪物と言いたくなる見事な成績。しかし、この数字には裏があり、18勝以上を挙げた投手では歴代最少の167.2イニングしか投げておらず、ランナーをためてからの降板が目立っており、パペルボン、岡島らリリーフ陣のおかげであるといっても過言でない。イニングを食えないこともあり、QSはわずか14試合にとどまり、また、コントロールも安定せずBB/9は5.05でリーグワーストの数字に。

こうした歪な成績のためセイバー的には評価が難しい選手となり、f WARでは3.4、r WARでは5.3と評価が2分。運に恵まれたとはいえ、防御率と勝率はリーグでも上位*1だったことでサイ・ヤング賞投票では4位に選ばれている。

 

球種はツーシーム、スライダー、カットボール、カーブ、サークルチェンジ。メジャーデビュー当初はジャイロボールを投げていると噂されたが松坂曰くカットボールがすっぽ抜けただけ。

 

f:id:tigpawapro:20210320162324j:image

 

パワナンバー 12800 41429 55045

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

*1:18勝はリーグ4位、勝率.857はリーグ2位、ちなみに両方ともリーグ1位はクリフ・リー

プライバシーポリシー お問い合わせ