Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 ティム・ハドソン 2003年 パワナンバー

ティム・ハドソン

OAK(1999-2004)-ATL(2005-2013)-SF(2014-2015)

 

通算成績 482試合 222勝133敗 防御率3.49 2080奪三振

獲得タイトル:最多勝利1回

 

2003年 34試合 16勝7敗 防御率2.70 162奪三振

 

ビッグ3

マネーボール全盛のアスレチックス時代にバリー・ジト、マーク・マルダーとともに強力先発3本柱、通称“ビッグ3”を形成。以後4年間で3人があげた198勝はチームの勝利数の5割を占めており、ワールドシリーズ制覇とはいかなかったもののチームの4年連続ポストシーズン出場、あの有名なマネーボールで描かれた2002年地区優勝の立役者だ。

ちなみにマネーボールの2002年はジト23勝、マルダー19勝、ハドソン15勝と圧倒的な表ローテーションであった。

重いシンカーと多彩な変化球を武器にイニングイーターとして長きに渡って活躍。通算勝率6割5分4厘と勝ち運に恵まれたこともあり、通算で222勝をあげており、通算WARも57.9となかなかの数字で殿堂入りの可能性もゼロではない。

イチローとは長年のライバル関係で、イチローがメジャーで始めて対戦したピッチャーでもある。イチローの引退会見でも某報道者がそれについて言及し(確かコロンと勘違いしていた)、会見の空気がキンキンに冷えたのは記憶に新しい。

ちなみにイチローとの通算対戦成績は73打席でヒット15本、被打率.217と抑え込んでいる。

 

球種はHスライダー、カーブ、SFF、Hシンカー。

 

f:id:tigpawapro:20210320162503j:image

 

パワナンバー 12500 81454 50637

 

作成選手一覧はこちら

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ