NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 チェイス・アトリー 2008年 パワナンバー

チェイス・アトリー

PHI(2003-2015)-LAD(2015-2018)

 

通算成績 1937試合 .275 1885安打 259本塁打 1025打点 154盗塁 fWAR61.6

獲得タイトル:シルバースラッガー賞4回

 

2008年 159試合 .292 177安打 33本塁打 104打点 14盗塁 fWAR8.2

 

シルバー・フォックス

2000年代後半のフィリーズ黄金時代を支えた名セカンド。

 

走攻守全てにおいてハイクオリティで、高いキャプテンシーも持ち合わせるなど非の打ち所がないスタープレイヤーで、将来の殿堂入りも確実視されていたが…。

 

30歳を過ぎてから故障がちになり、通算成績も思ったほど伸びず、2018年をもって現役引退。

 

殿堂入り出来るかどうかはグレーゾーンであり、2000安打を達成出来なかったのはかなりマイナスに響きそう。

 

とはいえ、2000年代後半においてはア・リーグのカノーに並ぶ球界を代表するセカンドであったことは間違いない。

 

f:id:tigpawapro:20230729193633j:image

f:id:tigpawapro:20230729193640j:image

f:id:tigpawapro:20230729193646j:image

 

査定に関して

プレッシャーラン

アトリーといえば全力プレー。

セーフになるためには危険なスライディングも辞さず、2015年のポストシーズンに行った併殺崩しではメッツのルーベン・テハダを病院送りにしている。

後にMLBではセカンドへの併殺崩しを禁止する新ルールが制定され、通称「チェイス・アトリールール」と呼ばれている。

プライバシーポリシー お問い合わせ