NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 ベンジー・モリーナ 2003年 パワナンバー

ベンジー・モリーナ

f:id:tigpawapro:20240519212422j:image

ANA(1998-2005)-TOR(2006)-SF(2007-2010)-TEX(2010)

 

通算成績 1362試合 .274 1317安打 144本塁打 711打点 3盗塁 fWAR11.9

獲得タイトル:ゴールドグラブ賞2回

 

2003年 119試合 .281 115安打 14本塁打 71打点 1盗塁 fWAR2.1

 

モリーナ兄

モリーナ三兄弟の長男。

 

モリーナ三兄弟は末っ子のヤディアーだけがフォーカスされるが、実は長男のベンジーもゴールドグラブ賞2回とヤディアーに引けを取らない実績を残している。

 

ベンジーはアナハイム・エンゼルスの正捕手として起用され、2002年には強肩と巧みなリードで投手陣を引っ張り、チームのワールドシリーズ制覇に大きく貢献。

 

バッティングでも2003年から7シーズン連続で二桁本塁打を放ち、アベレージでも2割台後半をコンスタントにマークしており、選球眼さえ伴えばヤディアーと肩を並べるくらいの名捕手になれただろう。

 

ちなみに、次男のホセ・モリーナとはエンゼルス時代に正捕手と控え捕手との関係であり、ベンジー休養日にはホセがスタメンマスクを被ることが多かった。

 

f:id:tigpawapro:20240520215652j:image

f:id:tigpawapro:20240520215658j:image

f:id:tigpawapro:20240520215706j:image

 

査定に関して

走力G

超鈍足で知られており、ベースランニングの指標も毎年ワーストクラス。

 

肩S

ベンジーはヤディアー同様キャノンアームの持ち主で、2002年・03年と2シーズン連続でリーグ最高の盗塁阻止率を記録している*1

 

悪球打ち

2003年に選んだフォアボールはわずか13と選球眼は皆無。

 

Nishiのこぼれ話

モリーナ三兄弟のバッティング・ディフェンスに序列をつけると

・ミート力:ヤディアー>ベンジー>>ホセ

・パワー:ヤディアー=ベンジー>>ホセ

・肩:ヤディアー>ホセ>ベンジー

・フレーミング:ヤディアー>ホセ>ベンジー

という形になりそう。

 

次男のホセ・モリーナはヤディアーに匹敵する強肩とフレーミングを兼備していたが、通算打率.233とバッティングが苦手なこともあり、基本的に控え捕手として起用されることが多かった。

 

関連選手:モリーナ三兄弟

弟ことヤディアー

tigpawapro.hatenablog.com

*1:2002年.449、2003年.444

プライバシーポリシー お問い合わせ