NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2023 フランク・トーマス 2000年 パワナンバー

フランク・トーマス

f:id:tigpawapro:20240512165125j:image

CWS(1990-2005)-OAK(2006)-TOR(2007-2008)-OAK(2008)

 

通算成績 2322試合 .301 2468安打 521本塁打 1704打点 32盗塁 fWAR72.0

獲得タイトル:MVP2回、首位打者1回、シルバースラッガー賞3回、カムバック賞1回

 

2000年 159試合 .328 191安打 43本塁打 143打点 1盗塁 fWAR5.9

 

Big Hurt

1993年、94年と2年連続でMVPに輝いた1990年代を代表するスラッガー。

 

MLBストライキの犠牲者でもあり、1994年は113試合で38本塁打・109打点を記録しながらシーズン打ち切り。162試合に換算すると54本塁打・156打点と驚異的なペースで打ち続けただけにシーズン中断がただただ悔やまれる。

 

2000年代に入ると守備負担の軽減のため基本的にDHでの起用が中心に。2001年からは度重なる故障に悩まされ、ホワイトソックスが世界一を成し遂げた2005年はわずか34試合の出場にとどまってしまった。

 

それでも2006年には新天地アスレティックスで39本塁打・出塁率.381と復活を果たし、チームの地区優勝に大きく貢献している。

 

フランク・トーマスは現役時代からステロイドに対して警鐘を鳴らしており、当然本人はクリーン。薬物に一切頼らず500本塁打を放ったことが評価され、2014年には有資格1年目にして殿堂入りを果たしている。

 

日本ではとんねるずのリアル野球BANに出演したことでも知られており、番組では帝京出身の「藤増(とうます)」という設定だった。

 

f:id:tigpawapro:20240512165141j:image

f:id:tigpawapro:20240512165148j:image

f:id:tigpawapro:20240512165155j:image

f:id:tigpawapro:20240512165205j:image

 

査定に関して

威圧感

トーマスは1990年代最強のバッターであったこともあり、衰えがき始めた2000年代になっても打席での存在感が別格。いわゆるイメージ査定ってやつです。

 

アスレティックス時代のフランク・トーマス

f:id:tigpawapro:20240512165553j:image
f:id:tigpawapro:20240512165600j:image
f:id:tigpawapro:20240512165607j:image
f:id:tigpawapro:20240512165615j:image

2006年 137試合 .270 126安打 39本塁打 114打点 fWAR2.4

プライバシーポリシー お問い合わせ