NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2022 トレバー・バウアー 2020年 パワナンバー

トレバー・バウアー

ARI(2012)-CLE(2013-2019)-CIN(2019-2020)-LAD(2021-)

 

通算成績 205試合 83勝69敗 防御率3.79 1416奪三振

獲得タイトル:サイ・ヤング賞1回、最優秀防御率1回

 

2020年 11試合 5勝4敗 防御率1.73 100奪三振

 

サイ・ヤング賞投手が日本に⁉

DeNAに電撃加入が発表された元サイ・ヤング賞投手。

 

AJやペニー、ゴセージとメジャーでタイトルを獲得した助っ人が来ることは珍しくはないが、バウアーは現役バリバリで2021年も防御率2.59。

 

なぜ、こんなレベルの選手が日本に?と思われる方もいると考えられるので一応経緯を説明すると

・2021年シーズン途中 DVで告発
    ↓
・制限リスト入り
    ↓
・2022年開幕前に2シーズンの出場停止処分
    ↓
・2023年1月にドジャースから契約解除、2023年の年俸30億円は全額支払い
    ↓
・最低年俸でも獲得に名乗り出るメジャー球団なし
    ↓
・かねてよりプレーしたがっていたNPB入りを表明、DeNAが年4億円で獲得

という壮絶な騒動があったりした。

 

1年半のブランクがあるとはいえ、トレーニングは継続して行っており、衰えはなさそう。

 

2020年ごろから主張していた中3日での登板を日本でチャレンジしたいと表明するなど気合も十分。

怪我さえなければ山本由伸級の成績を残せそうだ。

 

球種はカットボール、ナックルカーブ、Vスライダー。

バウアーの投げるスライダーはいわゆるスラッターであり、Vスラではないのだが、第2変化の量が第1変化を上回るのは見た目的に気持ち悪いという筆者の独断でVスライダーを採用。

 

f:id:tigpawapro:20230314213510j:image

f:id:tigpawapro:20230314213519j:image

f:id:tigpawapro:20230314213526j:image

 

おまけ:バウアーの奇行一覧

バウアーはかなりの変人でも知られ、彼の珍行動を列挙すると

・ポストシーズン直前に趣味のドローンで指を切る。完治しないままマウンドに上がり血を流しながら投球。

 

・KOされ、ピッチャー交代を宣言されると、ボールをセンターバックスクリーンに怒りの大遠投→球団との関係もプッツン→トレードに

 

・FAがなかなか決まらずTwitterの名前をカタカナに変え、日本挑戦を表明。これは皮肉なことに現実になってしまった。

 

・粘着物騒動でコールを名指しで糾弾。多分バウアーも使っていたので、周囲から冷たい目で見られる。

 

現役バリバリのメジャーリーガー、しかも投手が来るのは今回のバウアーが最初で最後になりそうなので、一度くらいは球場に足を運ぼう!

プライバシーポリシー お問い合わせ