NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2022 ザンダー・ボガーツ 2019年 パワナンバー

ザンダー・ボガーツ

BOS(2013-2022)-SD(2023-)

 

通算成績 1264試合 .292 1410安打 156本塁打 683打点 74盗塁

獲得タイトル:シルバースラッガー賞5回

 

2019年 155試合 .309 190安打 33本塁打 117打点 4盗塁

 

球界No. 1ショートの一人

毎年3割近いアベレージを誇るア・リーグを代表する名ショート。

 

2022年は課題の守備に大幅な改善が見られ、DRSはキャリア最高のプラス5。オフにオプアウトを宣言し、FA市場に飛び込んできた。

 

当初は5年1億4千万ドルくらいと予想されていたが、パドレスがまさかの11年2億8千万ドルという超大型契約を提示。

前日にトレイ・ターナーがフィリーズと11年契約を結んでおり、守備負担が大きいショートと長期契約を結ぶのはリスキーと言われていたが、そのトレンドもこの2人で覆ったか。

 

ボガーツの加入でキム・ハソンはセカンドにコンバート、タティスは外野もしくはDHにコンバートされることが予想される。

 

f:id:tigpawapro:20221211124000j:image

f:id:tigpawapro:20221211124007j:image

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ