NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 フランシスコ・リンドーア 2018年 パワナンバー

フランシスコ・リンドーア

CLE(2015-2020)-NYM(2021-)

 

通算成績 902試合 .278 1000安打 158本塁打 474打点 109盗塁

獲得タイトル:シルバースラッガー賞2回、ゴールドクラブ賞2回

 

2018年 158試合 .277183安打 38本塁打 92打点 25盗塁

 

2010年代後半No. 1ショート

プロスペクト時代から注目を集めて、将来は「3割10本塁打20盗塁」と言われた逸材。

 

メジャー2年目にはその目標を楽々クリア*1すると、3年目にはパワー開眼。33本塁打を放ち、パワーヒッターの道を歩み始めた。


2018年にはWAR7.8をマークするなどデビューから僅か4年で球界No. 1ショートの座に登り詰めた。

 

ちなみに2010年代後半は、トロイ・トロウィツキ一強時代とはうって変わり、MLB史にも稀に見るショート人材豊富時代。バエズ、シーガー、セミエン、ボガーツ、コレア、ストーリー、クロフォードと名だたる名選手が盛りだくさんだった。

 

2020年オフにはメッツにトレードされると、10年3億8500万ドルの超大型契約を締結。

 

しかし、満を辞して迎えた2021年はキャリアワーストの打率.230。ファンからの批判も大きく、一時はファンに対してブーイングのパフォーマンスをするなど精神的にも不安定だった。

 

f:id:tigpawapro:20220124222129j:image

 

パワナンバー 12600 42350 86916

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

*1:.301 15本塁打 19盗塁

プライバシーポリシー お問い合わせ