NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 マット・ケンプ 2011年 パワナンバー

マット・ケンプ

LAD(2006-2015)-SD(2015-2016)-ATL(2016-2017)-LAD(2018)-CIN(2019)-COL(2020)

 

通算成績 1750試合 .284 1808安打 287本塁打 1031打点 184盗塁

獲得タイトル:最多本塁打1回、最多打点1回、シルバースラッガー賞2回、ゴールドグラブ賞2回

 

2011年 161試合 .324 195安打 39本塁打 126打点 40盗塁

 

ザ・バイソン🦬

大柄の体格と、豪快なプレースタイルからドン・サットンに「バッファローが走っているようだ」と言われ、ザ・バイソンのニックネームが定着。

2011年にはトリプルスリーを達成。本塁打王打点王の2冠に加え、オフにはシルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞を受賞。MVPは惜しくもライアン・ブラウンに阻まれるも、充実したシーズンとなった。オフには8年1億6000万ドルの超大型契約を結んだ。この契約は後にドジャースを悩ませることになり、2015年にパドレスに放出される一因になった。

後にライアン・ブラウンのドーピングが発覚すると、「MVP剥奪すべし」と怒り心頭だった。

2013年以降は不振とプチ復活を繰り返し、2018年ドジャースでの復活が最後の輝きとなった。

2020年にロッキーズをクビになって以降はどこのチームとも契約しておらず、このまま引退かと思われたが…。

2021年東京オリンピックアメリカ代表に名を連ねており、バイソン🦬がグラウンドを駆け回る姿を再び見れる日は目前に迫っている。

 

f:id:tigpawapro:20210630212127j:image

 

パワナンバー 12400 11733 33191

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー お問い合わせ