Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 マイク・ピアザ 1997年 パワナンバー

マイク・ピアザ

LAD(1992-1998)-FLA(1998)-NYM(1998-2005)-SD(2006)-OAK(2007)

 

通算成績 1912試合 .308 2127安打 427本塁打 1335打点 17盗塁

獲得タイトル:新人王、シルバースラッガー10回

 

1997年 152試合 .362 201安打 40本塁打 124打点 5盗塁

 

打撃だけなら歴代最高のキャッチャー

キャッチャーとして歴代最多の本塁打を放った、打撃だけなら歴代最高のキャッチャー。

ルーキーイヤーから3割30本塁打を達成するなど打撃センスはズバ抜けており、全盛期の1993年から2002年の間は10年連続でシルバースラッガー賞に輝き、毎年のように30本塁打をクリア。*1ちょうど同じくしてア・リーグではパッジが全盛期で、双璧を成す存在であった。

特に1997年は打撃3部門全てが4位以内という圧倒的な成績で、別のシーズンなら三冠王も十分あり得たレベル。

一方で守備の評価は低く、特に盗塁阻止能力には深刻な課題を抱え、フリーパス状態。本来ならファーストにコンバートしたいところだったが、ファーストの守備もド下手と救いようがなく、晩年はDHのあるア・リーグでプレーした。

2016年には晴れて殿堂入りを果たすも、今でも薬物使用の疑惑の声が絶えない。

 

f:id:tigpawapro:20210526204021j:image

 

パワナンバー 12300 61631 35652

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

*1:短縮シーズンの1994年を除く

プライバシーポリシー お問い合わせ