NishiのパワプロMLB査定ブログ

パワプロ2022で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 チャーリー・モートン2018年パワナンバー

チャーリー・モートン

ATL(2008)-PIT(2009-2015)-PHI(2016)-HOU(2017-2018)-TB(2019-2020)-ATL(2020-)

 

通算成績 259試合 93勝89敗 防御率4.08 1276奪三振

獲得タイトル:特になし

 

2018年 30試合 15勝3敗 防御率3.13 201奪三振

 

アンクルチャーリー

メジャーデビュー当初から2016年まではシンカーボーラーであったが、2017年のアストロズへの移籍を機にフォーシーム主体の本格派に転向。

アストロズ移籍当初は2年1400万ドルの契約に対しては払い過ぎという声が多かったが、そんな周囲の雑音を吹き飛ばすかのように好投を続け、最終的には29勝とお買い得契約になった。

決め球のナックルカーブは球界トップクラスの変化量を誇り、しばしばナンバーワンのカーブとして各種メディアに取り上げられている。

2019年からは地元フロリダに本拠地を置くレイズと2年契約を結ぶと35歳にしてキャリアハイの成績を残し、そのやや老けた風貌からアンクル・チャーリーの異名で親しまれた。

2021年からはアトランタ・ブレーブスでプレー。37歳とキャリアも晩年に近づいておりこのままいくと今シーズンがラストシーズンになりそうだ。

 

f:id:tigpawapro:20210509215115j:image

 

パワナンバー

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー お問い合わせ