Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 高橋尚成 2010年 パワナンバー

高橋尚成

巨人(2000-2009)–NYM(2010)–LAA(2011-2012)–PIT(2012)–CHC(2013)–横浜DeNA

 

通算成績(MLB)168試合 14勝12敗 防御率3.99 221奪三振

獲得タイトル(MLB):特になし

 

2010年 53試合 10勝6敗 防御率3.61 114奪三振 8セーブ 3ホールド

 

宴会部長

個人的にはケツ出した人の印象ですが、地味ながらメジャーでも活躍。巨人時代は左のエース兼宴会部長として最優秀防御率のタイトルも獲得している実力者で、2009年オフにメジャー挑戦を宣言。これといって飛び抜けた成績を残していなかったこともあり、メジャー契約はもらえず、メッツとマイナー契約を結びメジャーを目指すことに。

ルーキーイヤーは開幕直前にロースター入りを果たし、リリーフ、先発どちらもこなす便利屋としてフルシーズンで活躍。先発での成績は振るわなかったがリリーフ登板時の防御率は2.04とリーグでも上位の数字で8月後半からは守護人K・ロッドの代役としてクローザーとして登板するケースも増えた。同年オフにはエンゼルスと2年契約を結び、リリーフとして起用された。結果としてメジャーでのキャリアハイはルーキーイヤーの2010年であったものの、5年間で50登板以上が3回とそれなりに活躍。

 

球種はスライダー、カーブ、スクリュー

 

f:id:tigpawapro:20210227235145j:image

 

パワナンバー 12300 21491 87942

 

獲得選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ