Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2020 ジャスティン・アップトン 2017年 パワナンバー

ジャスティン・アップトン

ARI(2007-2012)-ATL(2013-2014)-SD(2015)-DET(2016-2017)-LAA(2017-)

 

通算成績 1739試合 .265 1681安打 307本塁打 959打点 147盗塁

獲得タイトル:シルバースラッガー賞3回

 

2017年 152試合 .273 152安打 35本塁打 109打点 14盗塁

 

未完の大器

2005年にMLBドラフト全体1位指名でダイヤモンドバックス入りを果たし、誰もがその後の歴史的活躍を疑わなかった大器。兄のメルビン・アップトンも2002年にレイズに全体2位で指名されており兄弟揃ってドラフト1位という快挙も成し遂げている。兄同様抜群の身体能力が持ち味のアスリート型で3年目の2009年には3割26本塁打20盗塁を記録するなど順調に成長していった。しかし、その後は隔年で好成績と不振を行ったり来たりし、当初の期待に応えられずにいた。

2017年は開幕から好調で久しぶりの30本塁打越えを達成し、チャンスにも強くキャリアハイの109打点を挙げるなど元トッププロスペクトの意地を見せた。オフにはエンゼルスと5年1億600万ドルで契約延長を結びここから球界を代表する選手へ上り詰めるかと思いきや、エンゼルス高額契約野手あるあるの不振に陥り案の定不良債権に。

多分ですがアップトンと契約延長をしなければもうちょっとマシな投手をFAで獲得できただろう。

 

f:id:tigpawapro:20210203233921j:image

 

パワナンバー 12700 21353 89913

 

作成選手一覧はこちらから

tigpawapro.hatenablog.com

プライバシーポリシー お問い合わせ