Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2018 マット・ウィータース 2011年 パワナンバー

マット・ウィータース 背番号32

BAL(2009-2016)-WSH(2017-2018)-STL(2019-)

 

通算成績 1148試合 .250 989安打 146本塁打 546打点 9盗塁

獲得タイトル:ゴールドグラブ賞2回

 

2011年 139試合 .262 131安打 22本塁打 68打点 1盗塁

 

ジェイソン・バリテック2世として大学時代から名を馳せ、2007年ドラフトで全体5位指名でBALに入団。トッププロスペクトランキングでも最上位クラスに選ばれ、将来は球界を担う捕手になるとまで言われていた。MLB昇格後は守備では評判通りの活躍でゴールドグラブ賞にも2回輝いた。一方で打撃は4年連続二桁本塁打を記録するものの低打率は改善されず、当時の評判からすればやや期待外れな成績に。低打率が懸念となり、2018年からは控え捕手としての起用が中心になり、2019年シーズンもモリーナの控えとして過ごした。現在はFA。捕手不足のチームからの需要はギリギリありそう。

 

f:id:tigpawapro:20191216231451j:image

 

パワナンバー 13100 50560 88152