Nishiのパワプロ2020MLB査定ブログ

パワプロ2018・2020で作ったMLB選手を公開していきます。

パワプロ2018 城島健司 (2006年) パワナンバー

城島健司 背番号2

ダイエーソフトバンク(1995-2005)-SEA(2006-2009)-阪神(2010-2012)

通算成績 (MLB) 462試合 .268 431安打 48本塁打 198打点 7盗塁

獲得タイトル:特に無し

 

2006年 144試合 .291 147安打 18本塁打 76打点 3盗塁

 

みなさんご存知の佐世保の釣り人。今回はSEA時代の2006年を再現。MLB一年目から正捕手として大活躍。18本塁打を放ち、これは大谷が塗り替えるまで日本人MLB野手新人最多記録であった。ジョーバズーカも健在でリーグトップの盗塁阻止率をマークした。リード面は言葉の壁もあってか低評価。特にエースのヘルナンデスとの相性は最悪で、次第にヘルナンデス先発時はスタメンマスクを外れていった。


能力はダイエー時代からワンランク落とした。強肩はMLBでも十分に通用したのでバズーカ送球はそのまま。

 

f:id:tigpawapro:20190608181835j:image

 

パワナンバー 13300 40453 11017